フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 〈手作り〉にハマってます💘 | トップページ | 許して!金魚のぎんちゃん😓 »

2020/08/09

2020年夏 原爆投下から75年目

《原爆記念日》8/6は過ぎてしまいましたが、今年はあの忌まわしい原爆投下から75年目となります。本日8/9は「長崎原爆の日」です。

新型コロナウイルスの感染が地方にまで拡がりをみせ日毎に全国感染者数を更新する中でこの話題は陰が薄くなりがちですが、核軍縮が中々進まない世界でせめて世界で唯一原爆の恐ろしさを知る日本国民として忘れてはならない夏の日なので記事に挙げます!!! 

Img_20200809_111518_20200809113301

Img_20200809_110440_20200809113801

👆 「長崎原爆祈念式典」NHK総合テレビ中継より

8/6 東京新聞 社説より 「忘却にあらがう夏」

広島のボランティアグループのリーダー三登さんの話から始まる。

三登さんは胎内被爆者。高校の英語教師の時、語り部「沼田鈴子」さんの語りに感銘。この人の後を継ごうと決心する。定年を数年残して教師を辞め、14年間、手作りの資料を持ち広島平和記念公園に通い詰め、特に海外からの観光客に〈被爆実相〉を語っている方だ。

ところが今年はコロナ禍の為、キャンセルが相次いでいる。それでも〈一期一会の出会い〉を求めて原爆ドームの前に立つことをやめていない。

「原爆を落としたのはどの国ですか?」と聞く若い女性がいた、ドームの前で万歳三唱した団体もあったと言う。〈忘却の彼方で人は過ちを繰り返す〉三登さんが伝えることを止める事ができない理由らしい。

平和記念資料館の出口の真ん中にアオギリの木がある。そのアオギリは熱線で焼かれ、爆風で幹の半分をえぐられた。ところが、その傷を自ら包み込み新しい樹皮を張り今の場所に移植された。三登さんを語り部と導いた沼田鈴子さんは22歳の時に働く逓信局で被爆。左足も失った上に婚約者も戦死し、自殺を考えた。そんな時に職場のアオギリが懸命に再生していく姿を目にし、生きる勇気を取り戻したと言う。そして「証言は平和の種まき」と言いながら絶望と再生の体験を学生らに伝え続けた「アオギリの語り部」と呼ばれた。

〈アオギリはこんなに大火傷をしても生きているのよ。一生懸命に生きなくてはいけないと、懸命に力を出しているのです〉〈事実をしっかりと見つめる力をもち、ものの見える人、ヒロシマの見える人になってください。しっかりと自己学習して、なにかの形でヒロシマを伝えてください〉と。私達も生きて、学んで、伝えていかねばならない。ヒロシマ、ナガサキを、核兵器の愚かさを。コロナに沈む夏だが、特に被爆アオギリが今も無言で伝え続ける再生への希望も伝えなければ!

こう、締められた社説だった。

我が家は5年前の原爆投下70年に広島を訪れ原爆ドーム、平和記念公園、そして原爆資料館にも行った。特に息子にも見せたかったのでそれは良かったが、知っていれば実際のアオギリも目にしたかったなぁ。今思うとガイドさんに実体験の話を聞けばもっと鮮明に原爆の恐ろしさが伝わってきたかなとも思われすごく残念だ。またいつか(早くしないと実体験された方も居なくなるかも?)訪れて語り部の方の話を聞きたい。

話は変わるが、元TBSのアナウンサー久保田智子さん。私はいつも笑顔のすごく感じの良いアナウンサーだったと記憶していている。いつの間にか退職して現在、「原爆体験継承者」として活躍されているそうだ。忘却されないよう引継ぐ若い人たちもいる事をありがたく思う。

そして、8/9夕方15:50よりNHK総合で

アニメ映画「この世界の片隅に」が放映される。

昨年も同じような頃に放映していて何気に見始めて、引き込まれてしまい最後まで見た記憶がある。

原爆の恐ろしさをこれでもかと見せつけるわけでなく、その頃の広島に生きていた庶民を淡々と綴っている辺りが魅力かな?

主人公のすずさんの声を演じる〈のん〉さんの気張らず、力の抜けた感じが魅力となっている気もする。

もちろん、また見ようと思うし、録画予約もした。

じわじわとくるので、良かったら見てみてください🙇

 

 

 

 

 

« 〈手作り〉にハマってます💘 | トップページ | 許して!金魚のぎんちゃん😓 »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

忘れてはいけないこと」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

▽浜辺の月さんへ
ちゃぐままさんはそうかも知れませんが、私は毎年キチンと祈念式典を見るわけではありません😔本来ならばこの8月にだけ戦争関係の事を思い出すのもおかしな話ですが、戦後75年目と言う節目でもあるのでいつも以上に強く取り上げようと考えました。
世界ではじめて原爆と言う恐ろしい兵器が使用され、広島、長崎という都市が一瞬にして壊滅し多くの犠牲者と今もその科学兵器の後遺症に苦しむ人がおられる現状に日本人としては世界に訴え続ける必要があると思います。
戦争を知らない世代ですが、少しでも皆に忘れてはいけないと訴えたかったのです。
私のようなつたないブログですが、一人でも二人でもいいのであらためて原爆の恐ろしさ、戦争の悲惨さを考えるきっかけが出来ればと思い文章に起こしました。
日本を動かす政治家、特に政府に関わる人たちの多くがすでに戦争を知らない世代です!その為、日本に原爆が落とされたというのに少しづつ少しづつ再び戦争に近づきつつあり不安であります。
せめて、一般国民がそれらを阻止するよう何かを起こす必要があると思います。
しばらくは政府等の動き等を静観するひつようがあると考えます。

こんにちは、タムさん。
タムさんもちゃぐままさんもよく原爆式典をご覧になったり、
平和活動、平和理念に力を入れていますね。
原爆破棄、原爆放棄、核軍縮にどの国もどの人も努力することが
必要ですが、実際には被爆を体験した日本の首相も政治家の多くも
さほど一生懸命ではありませんね。
わたしも日々流されています。
せいぜいするのは被爆への願いのサイレンに合わせて黙とうする
ことですね。
出来ることは一個人では微々たることかもしれないですが、
広島のことも長崎のことも忘れないでいたいです。

▽ちゃぐままさんへ
いつもコメント、ありがとうございます。
恥ずかしながら、原爆祈念式典は毎年キチンと見るわけではありません。文面からするとちゃぐままさんは毎年見ていらっしゃる感があります。田上市長の平和宣言、本当に心より訴えているのがヒシヒシと伝わってきます。ちやぐままさんのコメントを読んであらためて翌日に載った新聞から全文を読み返しました。
核拡散防止条約の発効から50年も経つのに核保有国間に核軍縮の約束をホゴする動きが強まり高性能核兵器や小型核兵器の開発や配備も進めれ、核兵器が使用される脅威が現実のものとなっている。昨年長崎を訪問したローマ教皇の言葉を引用し世界の指導者に訴え、最後に政府と国会議員に訴えています。核兵器禁止条約の署名・批准を実現して欲しい。戦争放棄の憲法の平和理念を堅持して欲しいと! 
安倍首相はどんな気持ちで聞いただろうか?式典では核廃絶への決意を示しながら、アメリカの核の傘の下にあるため田上市長の宣言とは違い、全く心に伝わってこない挨拶文であったのが腹立たしい!

田上市長の心から滲み出る言葉は格調高く、毎年感銘を受けます。
この心からのメッセージが世界の指導者に、世界の人々に届くことを信じています。
先ずは国のトップの方がしっかり受け止めて欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 〈手作り〉にハマってます💘 | トップページ | 許して!金魚のぎんちゃん😓 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31