« 2021年4月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年5月

2021/05/28

安野光雅さんの絵②

再度、図書館から安野さんの絵の載った本と絵本を借りてきた。

本を探すときに備えつけのパソコンで調べてペーパーに印刷する(頭で覚えられるならいらないが…)のだが、あらためて安野さんの著書の本の多さに驚かされる!👀何ページにも渡るから。

「繪本  歌を訪ねて」

Dsc_0081

ジャンルは幅広く童謡、文部省唱歌、民謡、外国民謡、愛唱歌等、40曲選ばれている。

安野さんのその歌のイメージ画が素敵で郷愁を誘われるし、その歌にまつわる安野さん自身のクスっとなるエッセーが書かれている。各歌の全歌詞を載せたページの脇にある草花の画はイメージ画とは異なる細密に近くそれもとっても素敵なのだ!

Dsc_0082

Dsc_0083

Dsc_0084_20210528154901

Dsc_0088

Dsc_0087

Dsc_0086_20210528155101

Dsc_0085

もうひとつ、紹介します

前回はきつねがひろったイソップ童話だったがそれがなく、グリム童話になるので了承いただきたい🙏

きつねがひろったグリム童話

「漁師とおかみさん」

16221858480766347406741035220094

「あっぱれ四人兄弟」

Dsc_0094

この本の挿し絵?イラストはまたちょっとタッチの違う絵だ。色彩が淡くて嫌味が無いのは同じだが。

グリム童話の元のストーリーの和訳は書かれているがおもしろいのはきつねの子が拾ったグリム童話を父親きつねに読んでとせがまれるも字が読めない父親が読めるフリをしてその絵を元に適当なストーリーを作り読んでみせると言う設定。しかも出任せで読むので「一度しか読まないからな」と前置きしてしぶしぶ読み始めるのだ。

これは安野光雅さん自身が作り上げたストーリーなのだ!そのユニークな発想がまた楽しい🎶

まだまだ安野さんの本はたくさんあるが文学作品はもちろんエッセイにしても必ず安野光雅ワールドの絵が目を引く!

今度は即興詩人や平家物語等の力の入った文学作品の本を安野さんの絵を堪能しながら読んてみたいとは思っている。


| | | コメント (4)

2021/05/21

雨のバラ園

今年は季節が前のめりでどんどん進んでいる。早い桜の開花、4月の気温の上昇と。そして梅雨も早く訪れる様子。

雨の休みの日。こんな日はゆっくり家で過ごすのが当たり前だがたまには雨に濡れた花を見るのも素敵かな?とまたまたドリプレに遊びに行くことに!

この日は亡くなった母の誕生日でもあり行く途中、墓参もした。

Dsc_005212時頃到着。

Dsc_0053エントランスが雨に塗れ趣き有り。

この日は雨でテラス席が使用できないため室内席のみ。雨でも私も含めお客様の多いドリプレだ。お昼だったせいで満席でちょっと待たされるみたい。さきに園内を観ようとも考えたが、店員さんがもう少しで空きますよーと教えてくれたので待つ。程なく席につけた。

オーナーご主人お手製のハーブカレー🍛を注文。

Dsc_0055彩りも鮮やかでとっても美味しかった〜!

ここで第一猫、発見👀。棚の籠の中で寝ていたのは

Horizon_0001_burst20210513123241792_coveシカちゃん。あの木登り名人さんだ!


デザートは

Dsc_0057ストレートティーに本日は和の「おはぎ」。餡がしっかり詰まって食べごたえ大あり。2つ目の最後はお腹いっぱいになり無理やり食べた🤤

少し、席が空いた頃にやってきたのは?

Dsc_0058_20210521151001長毛種オルちゃん。

Dsc_0060シカちゃんも籠から出て接客中?駄目よ〜テーブルに乗っては!

この他に外に出たり入ったり落ち着かないベルちゃん(マリーちゃんの娘、白黒ハチワレ猫)もいたけどジッとせず写真撮れず……🤣


さあ、腹ごなしに園内散策へ出よう!幸い雨もシトシト程度。

Horizon_0001_burst20210513131839568_coveテラス席の脇に立つエノキの大木。新葉が生え益々大きく威厳を放つ。

Horizon_0001_burst20210513132440631_coveDsc_0067

Dsc_0065Horizon_0001_burst20210513133738697_cove

Dsc_0072

バラ、たくさん咲いてました。雨に濡れ色も鮮やかさを増しているような…。

ここのオーナー夫婦は憩いの花庭園を夢見て15年前にテント生活をしながら二人でこの山を開拓。はじめは自分たちだけの庭作りのつもり。庭の形ができると、人が知らずに花を愛でにやって来るようになり、それなら皆さんに喜んでもらおうと建てた自宅をリフォームしてカフェとアンティークショップを造り、裏奥に自分たちの家を作りたしたようだ。そしてバラの無農薬栽培に挑戦しはじめたのが9年前。試行錯誤しながら何とかバラも次第に上手く育つようになったとか……その意志の強さは敬服に価する。

Dsc_0063Dsc_0070

Dsc_0065_20210521155701Dsc_0071

Horizon_0001_burst20210513132205930_cove

そのバラたちの穴を埋めるかのような白いオルレア、そして黄色い花はとうだい草と言うそう。ターシャ・テューダーの庭に憧れているオーナーのせつさん。一種類だけの花だけを植えた庭よりも自然な感じに様々な花が交じる庭が好きとTVで言っていたのを覚えている。確かにターシャの庭の雰囲気があり私もそんな庭は素敵だ💕と思う。

しかし、わたしと同じ場所を見て回っていたお客の心無い言葉が聞こえてきた。「バラ園なのに白い花とか他の花が多すぎるよ!もっと管理をしなきゃー」と。オーナー夫婦の努力や思いを知らない人なのだ。

Dsc_0073_20210521165001

納屋に回るといつもの場所にリリーちゃんがぐっすり。ほんとこの場所好きみたい。前回もここで会ったから。

最後にショップを見る。最近輸入したというミニ瓶のジャム3個を購入。やはりドリプレネットショップで以前に購入したアンティークティーカップに紅茶を注ぎ、このジャムをパン🍞に付けて食べてみたい、早く。

このジャムを購入するのにキャッシャーに並んだとき、その人にさっきのお客がもっと管理をするようにオーナーに言っておいてと言っているのを聞いてとても嫌な気持ちになった。

出入り口近くのイスに丸くなって寝ていたのは私の好きなマリーちゃん。よく寝るな〜確か、私が入った時も寝ていたのを見たから😆

Dsc_0075_20210521165901

Dsc_0076_20210521165901雨なんて関係ニャい!とばかりに出ていったのはパンサス君だ。

雨の日のバラと猫たち。それぞれ癒やされました。じゃ、またね👋

| | | コメント (0)

2021/05/07

安野光雅さんの絵

図書館で借りてきた安野光雅さんの本は「旅の絵本Ⅰ」「旅の絵本Ⅱ」「繪本  歌を訪ねて」「きつねがひろったイソップものがたり」「安野光雅〜キャンバスが絵になるとき〜」⇐(この本は大きく分厚い。安野さんと仕事で関わった方々の安野光雅さん評。でも表紙にはじまり中にある物はすべて安野さんの絵や写真)

安野光雅さんの絵は基本、淡い色の水彩画。細部まで良く描き込まれた絵だ。

Dsc_0050

旅の絵本はシリーズで9巻ある。そのⅠはフランス。絵本といっても大人もじゅうぶん楽しめる。言葉は一切書き込まれておらず各々が絵から想像していく絵本だ。草原なら風にそよぐ草の音が聞こえて来るのだ、自然に!

そうそう、このシリーズは全て鳥瞰図式。今で言うドローン撮影の様な構図で全体が見え楽しい。

そのⅡはイタリア。

Dsc_0051

賑やかな街中の様子。バレードが始まってそれぞれの人や物の音、雑踏がまさに聞こえてくる。そしてこの絵の中に必ず旅をする主人公?!(青い帽子、青い服を着て馬に乗っている人)がいるのだ。これはまるで「ウォーリーを探せ」だ。これまた面白い。また、各ページに細かい描写がされているのでひとつひとつを眺めているとけっこうじかんを要するが飽きないのだ。想像力が養われる楽しい絵本だと思った。

この絵本シリーズも含め著作のための取材で安野さんは100回以上はヨーロッパを訪れていたと聞く。しかもまるで旧知の場の様にレンタカーを借り自ら運転。その日の取材を終えてからその日の宿を探すなんてやり方での取材が多かった様子。なんかそんな事まで想像すると益々愉快。

※お断り

歌を訪ねてや狐のひろったイソップ物語等の本は図書館に返却してしまったので説明をしてもピンと来ないと思われます。

後日、再度借りて絵を載せ紹介しながら記事を書きます。

ひとまずこの記事はここまで………🙏

| | | コメント (2)

2021/05/06

結婚35周年

5/5、こどもの日は私達夫婦の結婚記念日だ。

何年目かと計算したらなんと35年目。よくもったものだと思う。

山あり谷ありの時も有り、顔も見たくない、おなじ空気も吸いたくないと思う時期もあったが、今は昔。お互い年をとって丸くなり少々の事では許すことが出来るようになったからだと思う。

その前夜、気象条件も良かったので(記念日当日の昨日5/5は一日中強風🌪️だった、八街では火事があり15棟も焼失した)GW我が家恒例のバーベキュー(バーベキューと言うより焼肉だが…😝)をした。

Dsc_0048

※余談  5/5はパートの出勤日で丁度外仕事をしている際、火事場が近くあの強風の中、黒煙と赤い火が🔥が見えていた。すごく恐怖を覚えた!

皆さん、火を扱う際は充分注意しましょう。風の強い日は特に!!!


| | | コメント (3)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年8月 »