« 雨のバラ園 | トップページ | 気が付けば秋のきざしが… »

2021/05/28

安野光雅さんの絵②

再度、図書館から安野さんの絵の載った本と絵本を借りてきた。

本を探すときに備えつけのパソコンで調べてペーパーに印刷する(頭で覚えられるならいらないが…)のだが、あらためて安野さんの著書の本の多さに驚かされる!👀何ページにも渡るから。

「繪本  歌を訪ねて」

Dsc_0081

ジャンルは幅広く童謡、文部省唱歌、民謡、外国民謡、愛唱歌等、40曲選ばれている。

安野さんのその歌のイメージ画が素敵で郷愁を誘われるし、その歌にまつわる安野さん自身のクスっとなるエッセーが書かれている。各歌の全歌詞を載せたページの脇にある草花の画はイメージ画とは異なる細密に近くそれもとっても素敵なのだ!

Dsc_0082

Dsc_0083

Dsc_0084_20210528154901

Dsc_0088

Dsc_0087

Dsc_0086_20210528155101

Dsc_0085

もうひとつ、紹介します

前回はきつねがひろったイソップ童話だったがそれがなく、グリム童話になるので了承いただきたい🙏

きつねがひろったグリム童話

「漁師とおかみさん」

16221858480766347406741035220094

「あっぱれ四人兄弟」

Dsc_0094

この本の挿し絵?イラストはまたちょっとタッチの違う絵だ。色彩が淡くて嫌味が無いのは同じだが。

グリム童話の元のストーリーの和訳は書かれているがおもしろいのはきつねの子が拾ったグリム童話を父親きつねに読んでとせがまれるも字が読めない父親が読めるフリをしてその絵を元に適当なストーリーを作り読んでみせると言う設定。しかも出任せで読むので「一度しか読まないからな」と前置きしてしぶしぶ読み始めるのだ。

これは安野光雅さん自身が作り上げたストーリーなのだ!そのユニークな発想がまた楽しい🎶

まだまだ安野さんの本はたくさんあるが文学作品はもちろんエッセイにしても必ず安野光雅ワールドの絵が目を引く!

今度は即興詩人や平家物語等の力の入った文学作品の本を安野さんの絵を堪能しながら読んてみたいとは思っている。


| |

« 雨のバラ園 | トップページ | 気が付けば秋のきざしが… »

コメント

▽浜辺の月さんへ
コメントの返しがたいへんたいへん遅くなりましたこと、お詫びいたします。本当にごめんなさい🙇‍♀️💦💦

その後、図書館で安野光雅さんの絵本を借りたそうで(月さんのブログを読んで知りました!)
嬉しく思います。
派手さは無いけど何か心を捕らえる力のある絵、私はすごく気に入ったんです。それと同時に気さくな安野さんの人柄がすごくわかるのはエッセイです。とてもチャーミングでこんなおじいちゃんがいたらいつまでもお話していたいな〰️と感じてます。
安野さんの絵は全くの独学だそう。これにもビックリです。小さいときから色んな絵を描きまくったそうです。デッサンの力がすごいので、やっぱり天才だったんだなーと強く感じます。

投稿: タム | 2021/09/07 22:05

こんにちは、タムさん。
わたしもやっと昨日安野光雅の本を3冊借りました。
今日から少しずつ見ています。
本当に絵が素敵です( ^)o(^ )

投稿: 浜辺の月 | 2021/07/23 18:00

▽浜辺の月さんへ
いつもたくさんのコメントありがとうございますm(_ _)m
繪本 歌を訪ねてを気に入ってくださった事、たいへん嬉しいです😜

その前のコメントに著作権侵害の心配をしてくださりありがとうございます。確かに法に触れるのかもしれません😰
皆さんにこんな素敵な絵を描く方なんだよとお知らせしたい気持ちが強くて載せてしまってます…良かれと思った事が逆に相手側に迷惑を掛ける事になるかも…ね?

これからは強く反省して、何かを紹介しなくてはと思い返しています。御指摘ありがたくお受けします。


投稿: タム | 2021/06/16 23:21

安野光雅さんの絵のその2もアップして頂いて
ありがとうございました。
どれも素敵ですが、「絵本 歌を訪ねて」が特に
わたしも見てみたいと思いました。
大分市の図書館で今度探してみようと思います。
お知らせとブログ記事アップをありがとうござい
ました。

投稿: 浜辺の月 | 2021/06/09 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨のバラ園 | トップページ | 気が付けば秋のきざしが… »