グルメ・クッキング

2014/08/30

いすみ鉄道 ランチクルーズ

先月、幸町母の会の記事で紹介した「いすみ鉄道」。今度はその列車に乗ってランチを楽しんできた。

きっかけはTV番組。NHKBSプレミアムの番組に「鉄道ぶらり旅」がある。7月のはじめ頃に「いすみ鉄道」を取り上げていて、そこで紹介していた列車に乗って楽しむランチクルーズ。夫が体験してみたい!とすごくノリキになり、あれよあれよと予約をしてしまった。いすみ鉄道の始発・終点駅に「大原」と言う駅がある。大原は漁港がありそこから上がる新鮮な魚介を使用してのイタリアンフルコース。私も釣られてワクワクしてきた。

旧国鉄時代に活躍し鉄道ファンも多い「キハ」という型の列車を食堂車に改造して、普通列車と連結し通常時刻どおりに運行されるらしい。

追記:後の写真の食べ物の他にバスケットいっぱいのパン(フォッカチャ?クルミ入りパン)とフリードリンク(アルコールのワイン等も含む) 飲み放題でした。

続きを読む "いすみ鉄道 ランチクルーズ" »

2010/02/17

できの悪いガトーショコラですが・・・

毎年のバレンタインデーには、市販のチョコレート(バレンタイン用のもの)を買って夫や息子たちにあげていたものだが、彼らも義理チョコだと思ってありがたみを感じなくなっている。

010

毎月届く料理本(新聞社のサービス本)の2月号が届いた時にまず目に入ったのが表紙のお美味しそうなチョコレートケーキ。恵方巻きの手作り(去年は作ったcoldsweats01)をパスした分奮起して、今年はチョコレートケーキを作って、彼らを喜ばせようと思った。

息子たちの誕生日にはお決まりの多層鍋で作るチーズケーキは常に作る(超簡単なケーキ)が、メレンゲを泡立てオーブンで焼くケーキは10年ぶりくらいだ。キッチンの棚から昔使ったケーキ型やハンドミキサーなど出してきてすごく懐かしかった。

卵白に砂糖を入れミキサーを強にすると面白いように泡立ち、空気をふくんであっという間に真っ白なメレンゲに変身していく様は、「そうそう、この感じ!」。楽しくなった。

オーブンで焼き始めると、生地が膨らみ始め久々の腕もまんざらではないな~と喜んでいる私がいた。

45分焼き、焼けたケーキを出しふくらみに満足して冷ましておいた。しばらくしてから見ると、なんと膨らんでいたケーキの真ん中がへこんでペチャンコになっている。ショック~!膨らませは失敗に終わったと思った。

このケーキの名は「ガトーショコラ」。よく聞く名のケーキだ。ちょっとわかりにくいだろうが、このケーキは焼いた後表面にひびが入りちょっとくぼむのも特徴だと書かれていて、安心した。そうは言っても、写真と比べるとやはりふくらみは2/3位でだいぶ迫力に欠ける・・・・・・bearing

でも味は手前味噌だが、おいしかった。夕飯の後のデザートに出したら、あっという間に食べ終わった。息子たちには好評だった。手間はかかったが、作った甲斐があった!

来年もまた手作りに挑戦しよう、来年こそ、写真の膨らみに近づけるようにheart04good

2009/04/18

新潟燕三条・背脂ラーメン

私がブログを始めた当時、初めてコメントを入れてくださった方「阿武さん」(現在は阿武蜂虎蔵の名に改名)。阿武さんのゆきあたりばったり

その阿武さん、予てよりご自分でラーメンを開発し売る会社を立ち上げたいという夢を持たれ、この1月に勤務していた会社を退社。そして、ついにほんの1か月前に「新潟は食の宝庫だ」という燕三条背脂ラーメンの通販サイトを始められた。

夢を夢に終わらせず、現実にさせた阿武さんはすごいな~と思う!

早速、ネット注文をして食べてみた!記事にするのが大変遅くなったが、ほぼ1か月前のことだ。迷ったらコレ 燕三条背脂ラーメン詰合せ Aセット(チャーシュー付) 注文してみた。

御当地ラーメンとしてはまだ認知度は高くない背脂ラーメンnoodleだが、想像よりもしつこくなく味はしっかりとしておいしかったdelicious。「新潟の背脂ラーメン?」と怪訝な夫だったが、「失礼致しました。うまいよ、これーっ!」と褒めてくれた。自分のことのように嬉しかった。

阿武さん、大変な面もあるけどこれからも応援します。がんばってくださいshinesign03

Dsc00414

2008/11/23

佐原でのランチ「トランキュルよしや」

Yosiya_enntransjpg Dsc00288 「よしや」は小野川沿い開運橋のすぐそばにある。(左の入口の写真は2年前に訪問した時のもの。思いっきり晴れてますcoldsweats01)ちょっと濡れてrainしまった。予約より10分ほど早かったが席は用意されていた。席は全部で16席の小さなレストランだ。以前は掘りごたつのような席だった(座席は畳上)が、フローリングが張られ洋式テーブルとイスだった。

ランチコースrestaurantは前菜・スープ・パン・魚fishのメイン、肉pigtaurusのメイン、デザートcake、飲み物cafeBコースをオーダーした。(スープ・パンは撮り忘れhappy02

Dsc00287 Dsc00290 Dsc00291 Dsc00293

だんだんとお客さんも入ってきて厨房はてんてこ舞いになったのか?それぞれの皿と皿が出る間が長かった。その間に店内を撮ってみた。引き戸に昔の土間に当たる部分は白石がひかれ黒御影石?の通路。ところどころに鉢や植物が生けられていてなんとおしゃれなんだDsc00289 ろう。上がりがまちには格子のつい立に茶碗のコレクション。私などはこの雰囲気で百点満点中50点はあげてしまうな~good

食事はどれも日本人好みであっさりヘルシー。メインは外はカリっと香ばしく中はやわらかく舌触りも良い。デザートはブリュレ。おいしかった~。欲を言えば、飲み物のお変わりが欲しかった。私は紅茶だからカップも比較的大きかったけど、コーヒーを頼んだ友人はデミタスカップの一杯だけ・・・。お気の毒だった。食事に関しては味は良かったがサービス面で減点、トータル(雰囲気・味・サービス)で80点・☆4つくらいかな?(ミシュランの隠密調査員も真っ青sweat01

食事をしながらも雨が気になって外ばかり見ていた。午後は楽しみにしている小野川の舟下りを予定していて雨が上がらないとあきらめようか?って状態だったから。

ところがその心配が嘘のように食事を終えて外に出たら雨が上がっていてラッキーscissorssign03小野川と対岸の古民家をバックに写真を撮り合いながら、船乗り場の伊能忠敬旧宅前に向かった。

続きを読む "佐原でのランチ「トランキュルよしや」" »

2006/12/08

小江戸・佐原散策③ランチ

Yosino 前日に調べて置いたレストラン「ランキュルよしや」は、開運橋のそばですぐ見つかりました。古民家を改造して作られています。11時半過ぎたばかりで、その日はまだ他のお客様はいませんでした。

ランチは2種類。コースになってました。フランス料理みたいです。メインの肉か魚を選ぶコースTennai_1 と、メインが2種とも入っているコースとありましたが、私は肉のコースにしました。待っている間に店内をパチリ。素敵でしょ!私はそそっかしくて、畳の部屋だから正座をしてはじめのうち食べてました。ところが、途中から掘りごたつのように腰かけられると知ったしだい!座布団があったから全く気がつかなかった・・・。

そして、お料理がやってきました。

まずは前菜。Zensai そして、パン(お変わり自由)とスープ。次にメインディッシュ。デザート。

Sawara_jef_ityou_018 Gyuu_hire

Younasi_mousse ここは味がしっかり付いていて、私好みの味付けでした。特に「人参スープ」はおいしかった~。ご馳走様でした。会計に席を立つとシェフ直々に挨拶に来られ恐縮。佐原の散策マップをくださいました。感じもよく、次回はお友達を誘ってきてみようかな?なんて思いました。

私が食べてる間にお客様が入ってきて、畳の部屋は埋まってましたよ!

ランキュルよしや←HPはこちらです!

2006/11/20

立ち食い寿司

Tatigui_zusi_011 上野の絵画展を見た帰りの昼食は、JR上野駅の構内のショッピング街にあるお寿司屋さんにしました。でも、普通の寿司屋でなくさすが駅の中ってうなづける立ち食い寿司なんです。

実はここで食べるのは2度目。前回、ブログで交流している画家の山口ももりさんの絵が出品されている「日本水彩展」を見た帰りに見つけたお店でした。特に時間がなく急いでいたのではなく、立ち食いの寿司って初めてだし、値段が比較的安い。普通の寿司屋のように目の前で握ってくれるってのに惹かれて入ったお店でした。私は一般庶民。寿司屋のカウンター越しに注文をして食べたことは一度もない。立ち食いだけど、そんな雰囲気を味わえるだけでも楽しみって訳で夫を誘ってみました。

Tatigui_zusi_012

Tatigui_zusi_013 店の名は「魚がし日本一」値段表を見てみて~!まあ、安いでしょっ。ただし、一つの値段。だから、一貫は倍の値段です(手巻きは1本づつだからこのままの値段)

頼んだお寿司は笹の上に置かれます。さて、今回食べたものは?Amaebi

Sarmon_carpacho

Aburisarmon 甘エビ、卵、サーモンカルパッチョ、イカ、炙りサーモン、サーモンカルパッチョ、仕上げにしそ梅の手巻き で あがり( ´ー´)旦、満足。

私は寿司を食べなれていないから庶民的なものを頂いてしまいます<光物は駄目(><;)。> 味は値段の割りにおいしかったですよ。

2006/11/11

ピーナツの日

去年の同じ日に11月11日はピーナツの日と紹介しました。Peanuts_obje

全国一の落花生生産を誇る千葉県において特に八街は気候と風土が落花生の育成に最適と言われます。

新豆が出回るこの季節、お世話になった方や親類に八街落花生を送ろうと落花生店に行きました。私が訪れるのはたいがい「ますだ」と言うお店です。この店に行くといろいろな種類の落花生製品の試食が並んでます。私はいつもいろんな種類をつまみ食い∞(^~^*)モグモグ!どれも捨てがたくみんな欲しいくらい。店内には椅子とテーブルも用意され、来店客にはお茶のサービスがあります。

Masuda_no_peanuts 人様に差し上げる品は定番の鞘付き落花生、茹で落花生、そして加工した味付き落花生。ついでにほんのちょっと我が家用に購入。自分ち用はどうしてもケチってしまう。茹で落花生は私は好きだが、夫が苦手。歯のいい彼は歯応えのある落花生が好み。先日、TVで落花生の渋皮に抗酸化作用があると言ってたので皮付きと、味見してこれは良いと思ったごま醤油味を。限定の落花生キャラメルも買ってしまった!

ますだの落花生HP  ←ネットショッピングも出来ますよ!

2006/11/08

帰り道のティータイム

八街秋祭りを見た後、街に出たついでに買い物をした。いつもは車で通る道が今日は違うように見えるから不思議だ。小回りの利く自転車は細い路地もすいすい。八街の市街には意外に路地が多いってことも発見した。これを機会に自転車で活動するのも面白そう。自転車の利便と八街市街の道を知ることもできた一日となった。

さて、その帰り道。このまま帰るのは惜しくなり久しぶりにカフェ「カーサ・ヴェルディ」に寄ってコーヒーを飲んでいくことにした。

Danro この店の魅力の一つに暖炉がある。ここのブログで先日煙突掃除をしたことが書かれてた11/1の記事)。煙突掃除は結構大変なようで、また一冬の煤の量も相当出るそうだ。(写真は去年の携帯での写真から

この日は暖かく自転車で駆けつけたこともあり、外のデッキでコーヒーを頂くことにする。ここの店の庭はすっかり秋の模様。暖炉にくべる薪がいつも積み上げられているのだが、さらに新しい白木の薪も加えられて積んであった。Tea_time_1

さて、コーヒーが運ばれて来ましたよ。日替わりのスウィーツは売れきれてしまって、追加 で焼いたと言うチョコシフォンケーキとカプチーノのセット。(食べ始めてからの写真でごめんなさい)ふわふわで柔らか~、至福の時でした。

おまけです(^^;!Fullmoon_1 この日の夜(11/5)は満月でした。

2006/10/28

麺工房しろきや (鰹)

Iriguti_1 義父がデーサービスでいないため、先日に続きまたまたラーメン食べに行ってきました。八街に3ヶ月ほど前に出来た<麺工房しろきや 鰹>。この店、千葉市内(都町)にある<しろきや>の2号店なんだそうだ。千葉のしろきやは2~3度食べたことがある。そこは癖もなく食べやすいラーメンだったと記憶している。この新しい店へも今回で3度目。醤油が好きな私は2回とも醤油を注文しているのでこの日は味噌ラーメンにしてみた!

出来るまでの間、テーブルにあった説明書きを読む。

Ramen_002 今はやりの魚だしメインのラーメン屋です。以前食べた時うたっている割にはそれほど魚だしって感はなかったけど、さっぱりとしたラーメンでした。 今回の味噌味は?出店した土地を意識してか「八街産ピーナツ」が入っているという。味噌は八丁味噌。さあ、どんなラーメンがやってくるかな?

Misoramen 見た目はよくある味噌ラーメン。まずはスープを・・・。こくと甘みがある。醤油と比べるとこってりしてる。よく見たら、白っぽいつぶつぶが・・・。これが八街の落花生のよう。でもその他の味に消され香りはしなかった。そして麺を頂く。

あら、平麺?と思いきや今度は細麺が出てきた!一体どうなってるの?さっDasiき見た説明 書の裏にも続きがあったんです、 自家製乱切り麺って。ノド越しの良さを考慮して、また添加物をいっさい使ってない麺なんだ。私は3度目なのに初めてそのことに気付いた(。、;)なんて雑な性格なんだろうかってちょっと落ち込む。素人の私の舌ではその良さがいまひとつわからないのも情けない。麺はわからないけど味噌味のスープは私は好きですね、ここの味。

お気に入りにリンクしてるラーメンサイトの「千葉拉麺通信」から検索したらこちらの店の評価が載ってます。玄人?の感想は手厳しい~、いや口厳しい==!!!

拉麺店情報 麺工房しろきや鰹 ←こちら読んで見てください!

2006/10/19

尾道ラーメン<麺家とみ>

ブログで交流のある阿武さん。阿武さんの10月のある日の記事にラーメンの写真がずらりと並んでいた。そうだ、私はラーメン食べ歩きを趣味にしていたはずがこのところご無沙汰していた!季節は本格的な秋に突入して、熱いものを食べるには最適な時期でもある。そこで、日曜日にラーメンを食べに行ってきた。

ところはこの辺りでは激戦区の<東金R126号エリア>。ここらではダントツの人気店はぐうラーメン(濃厚醤油ラーメン)で、私は3度ほど食べに行ったことはありますが、いつもカメラを忘れてとらずじまい。でも、この日は新しい店を開拓、訪れてみた。

麺家とみ

Ramen_tomi_1 尾道ラーメンとあった。名前は聞くけど、尾道ラーメンってどんなラーメンなのだろう?ネットで検索したら、一般的に小魚だしで、鶏がらスープの醤油ラーメンに背脂ミンチがのっている。具はチャーシューにメンマ、わけぎの輪切り。麺は平めんだそうだ。行き当たりばったりで入ったラーメン店だったのでこんな知識もなく、細麺とOnomiti_ramen_1 平麺を選べたので細麺にしてしまった!

後は前項に述べたようなラーメンだった。背脂がのっているけど、意外にあっさりスープ。ちょっと甘みも感じた。女性には受けそうな味だ。「尾道御膳セット」(¥680)を頼んでしまい、ご飯は食べきれず残しちゃった。(ご飯の上の具は4種類から選べる)。ラーメンだけでも、ライスは無料で付けてくれるそう、男性にはいいかもね!客層は大学生が数人(大学のTシャツ着てた!)、夫婦が2組(私らも含む)、ファミリーが一組。なぜか店内には洋楽のポップスがかかっていた。

次回、この地を訪れたら人気№1の<ぐうラーメン>を紹介しますね!