2011/03/30

聞くたび胸が痛くなる原発報道

先日「福島原発」の津波による事故関連の記事を書いたが、その危機は日ごとに増すばかり(u_u。)

少しでも良い方向に進展するかと期待しているが報道を聞く限りその逆、悪い方向に進むばかりだ。

原発の状況は私たち日本への影響が多大なためその報道には耳をそむけられない。しかしここ数日は新たな問題が起こってばかりで聞いている私は本当に胸heartが痛くなる。もうこれ以上は聞きたくないと思いTVのチャンネルを代えてしまうこともしばしばだ。

ある専門家がコメントで「敵が日ごとに増えていっている状況だ。」と言っていた。確かにそうだ。

しかし、その現場では高い濃度の放射線と闘いながら復旧に努める東電社員や下請けの作業員たちが命をかけて作業しているのだ。文句は言えないthink

作業員たちの劣悪な環境も明かされた。まさに命をかけての作業に当たる人たちが充分な食事もせず疲れを取るためのベッドに寝ることもない条件下で休息していると聞いて驚いた!!

命がけで働く者へは充分過ぎるほどの寝食環境が当り前だろう!今すぐにでも彼らの環境を整えてやって欲しい。政府がもっとそんなことへも割いるべきだ。

そして、何も出来ない私たちだが、後は神に祈ることだけだ。

どうか神様、この日本の、この原発の窮地をお救いください(-人ー)・・・・・・・・・

2011/03/21

決死の仕事 福島原発関連

とにかく頭が下がる。

今も深刻な事態が続く大震災の津波被害による福島第一原発。

まずは使用済み核燃料を冷やすための措置で海水を放水するため自衛隊・東京都のハイパーレスキュー隊がその任務を命令され日本中の期待を背負って、まさに決死の仕事を今も断続的に行っている。

見えない敵「放射能」汚染に立ち向かいながら・・・。

上からの命令に「いや」!とは言えず覚悟を決めて仕事をこなす各隊員たち。本当に心より感謝申し上げたい。

あなたたちは素晴らしい。本当にありがとう、ありがとう、ありがとう!

その効果もあり建屋上空の温度も100度を下回り、放射能値も下がって安定してきている。

一方、電源が復旧し中央制御室が元に戻り、かつ冷却のためのポンプやその他の装置が復活しないことには原発自体の安定は得られない。

放水作業と並行し、東電関連の社員たちも頑張っているはずだ。原発に反対した人たちはそれ見たことか!と言ったとか言わなかったとか聞いている。

しかし原発にはCO2を出さず火力や水力よりも大きな力を生み出す力がある利点がある。今後、安全を取るか、地球環境を取るかたいへん難しい選択になるが現時点ではそれは協議すべきでない。

東電関連社員たちも自衛隊員、ハイパーレスキュー隊員と同じく命がけで復旧作業に取り掛かっているはずだ。彼らにも最後まであきらめずに頑張って欲しい。不眠不休が続いているのかも知れない。彼らにも大いにエールを送られずにいられない!!

最後に

どうかどうか 神様、この日本の原発の危機をお救いください。

私たちも日本中で祈りましょう(-人ー)(-人ー)(-人ー)

2011/03/20

悪夢 東北関東大震災

2011年(平成23年3月11日) 午後2時46分 悪夢の大震災が起こった。

あれから10日が経った。記事にするにはずいぶんと遅くなったが映像で見るその甚大な被害からショックを受けしばらくは何から書いていいものかと感じ記事に出来なかったのだ。

マグニチュード9.0  想定された地震規模をはるかに超え海底地震にある津波も想像を超える大津波となり東日本の太平洋側を襲った。

今回の地震は地震自体の被害よりも大津波による被害が壮大なものとなった。我が家は千葉県のほぼ中央で震度5強~震度6弱くらい。地盤が固いのかライフラインは電話を除いてすべて無事だった。とはいっても、私が生きてきた中で一番の大きな揺れでこれで終わりかと思いつつテーブルの下にもぐらず食器棚を自分の全体重をかけて押さえていた。(現実主義な私bearing

すぐTVを点けて地震情報を食い入るように見た。宮城県沖に飛んだヘリが上空から津波を捉え堤防を越え街を、車を、家々を飲みこんでいく様をライブで目にした。これは映画のシーンではない現実なんだと思うとガタガタと震えがきた。

道路を走って逃げる車を見て「早く、早く!」と声を出して叫んでいた。しかし、数台は水の力に押し流され見えなくなった。

これは相当な被害が出るなと直感した。沖で大地震がおこれば津波が起こることはこの地方の方々ならば誰も知っていたことだと思うが、これほどの津波がやってくるとは誰もが(地震。津波研究家さえも)想像していなかったという。

あらためて自然の脅威を思い知らされる。1000年に一度の大地震。私たちは運悪く遭遇してしまったのだ。原発の被害も今も深刻で、福島県民は二重苦にさらされている。心よりご同情申し上げたい。

被災地はまだまだ大混乱。規模が大きいだけに色んな点で詳細が把握できていない状況が続いている。

金曜日に私としては奮発して義援金を送った。今までにない大災害に政府・地方自治体も対応が完璧には出来ない。復興には相当な日時が必要だと思われる。

被災地や被災者のためにも私たちもあらゆることを節約して耐えましょう!!そして協力しましょう!

被災者の皆さん、この度は本当に本当にお見舞い申し上げます。

日本国中がいや世界中が応援してくれています。あきらめず、どうぞ今を耐えていって欲しいと願っています。みんなが応援していますからannoyheart01

2010/10/15

世界が歓喜!全員救出完了

2010年10月13日~14日。 世界中が固唾を飲んで見守ったTVのチリ炭鉱作業員救出生中継。

私も朝からそわそわしていた。TVを点けっぱなしにして、家事をこなしながら聞き耳を立てて一人目の救出者の乗ったフェニックス号が地上に現れるのを待っていた。そんなわけで掃除は一向にはかどらなかったが・・・happy02

数日前に掘削していた穴が坑道に貫通したというニュースを聞いて感激したが、これからが最大の山場。地下700メートル近くから引き上げられるカプセルが何事もなく上がってこられるだろうか?凄く心配していた。

ニュース番組やワイドショーの中でカプセルには不測の事態に備えて酸素ボンベや緊急脱出口(カプセルが分断可能)があると聞いていてそれが頭に引っ掛かっていたからだ。

一人乗りの細いカプセルが狭い掘削穴の途中で止まってしまったら?とても不安に思っていた。劣悪な環境の中でおよそ70日を耐え抜いた作業員たちがあともう少しのところで助からなかったなら本当に悔しいだろう。生かせてあげたい、最後のこの引き上げ作業が成功して欲しいと心の底から願っていた。

救出を地下で手伝う救急隊員がまずそのカプセルに乗り込み地下に着いた映像を見た時はちょっとホッとした。どこかで引っ掛かるかも知れないという不安が少し解消された。それでもまだ安心はできない!

そして一人目が乗り込みカプセルが動き出し穴から見えなくなった後はひたすら祈っていた。およそ20分後。地上の出口穴にカプセルの上部が頭を出したときは大感激。世界中から拍手が起こっただろう!

フェニックスから出てきた一人目の作業員を見た時、思いもせず私の目にも涙が滲んだ。

良かった~~!父を待っていた幼い少年が父親に抱きつき、互いに抱擁。またまた涙があふれた。

その後も慎重に慎重に救出は進められゆっくりではあるが一人また一人と救い出されていった。

全員救出に2日間を要する予定が手際が良くなりどんどんピッチが上がりついに丸一日を要することもなく最後の救出者を無事に生還させた。

本当に嬉しい。良かった~!

なぜにあまり縁もなかったチリという遠い国の人々の救出をこれほど喜んでしまうのだろう?でも、私だけでなく日本中、世界中が同じ気持ちだろう!

同じ人間である、同じ命ある者同士である、まして長い間の困難を乗り越えて生き延びてきた人なのだから生きて帰らせたいという思いを抱かせられたからだろう。人類みな兄弟!誰かがかつて言った言葉を思い出した。

救出完了後は、メディアでは映画化や手記出版、インタビュー依頼の殺到またこれらに発生するギャラについて等の下世話な報道が主をなしているのがいやらしく、気に食わない。

助かった作業員の皆さんが家族とともにゆっくり休まれて、精神的ケアをされてまた仕事に復帰(炭鉱以外でも)出来るよう、社会で導いていって欲しいと思う。

また、この救出の迅速さ、技術の高さ(掘削や映像での伝達等)に驚かされた。チリの大統領がこの救出劇を政治に利用しているという批判があるが、とにかく迅速かつ全員救出させたことは事実である。大統領にも拍手を送りたい。

2010/08/20

ブログを休んだ間の世間 首相交代

Soumen

6月に鳩山首相の辞任の感想を記事にしてから2カ月半が過ぎた。その間にもいろいろな事件、事故が起こりニュースは相変わらず絶えない。

良いニュースは少なく悪いニュースばかりが目立つのも世間が殺伐としている現代だからか?

まずは政治関係から

 鳩山さんが辞任し次の党首つまりは総理大臣が管直人さんに決まって、当初は「脱小沢」を打ち立てた期待感から支持率が60%以上に回復した。それもつかの間、参院選の前に管さんが「消費税値上げ」の検討を口にして参院選を惨敗した。私自身は「消費税」の値上げはやむを得ないと思っていたが、報道や野党、または与党の議員の中でも反対意見が湧きあがって管さんをこき下ろした。民主の大敗の原因を総括で唐突な消費税値上げの検討にあると低姿勢だった管さんだが、理由はそれだけではないと思う。政権交代を初めて果たした民主党。マニフェストの理想と現実のギャップが大きすぎたからだと思う。あれだけのたくさんの理想を打ち立てれば普通に考えて100%実現できるのは不可能に近い。政権を取ってまだあの時点で1年も経っていない段階で判断するには早すぎると思うが、民意は報道(新聞やTV)にすぐに左右されやすい。特にアメリカとの安保の件で普天間基地問題「県外移設」はそう簡単にアメリカが「イエス」と言うわけがないのに5月末までに決着をつけたいと簡単に宣言し、結局前政権の自民党が決めていたものをほぼ受け継いだ格好となる。沖縄の人たちに期待をさせておいて実現できなかった!その辺にも大いに原因があると思う。

最近は9月にある民主党代表選挙をメディアはずいぶんと取り上げている。管さんは出馬するが、その他に誰が立候補するのか?小沢さんは出るのか?グループの大きさでは小沢グループが人数からすると大きいらしい。管さんより実行力があると言われる小沢さんだが、金と政治の件での納得のいく説明は未だに国民にしていない。

ここ数年、首相がコロコロと変わる日本。海外には一体日本はどうなっているのか?と不信を抱かせている。仮に今度の代表選挙でまた首相が変わることになるのも頂けない。管さんではまだ頼りない部分があるのだが、政府やブレーンが一丸となって助力し支えていって何とか首相の座を踏みとどまさせてもらいたい。もう少し、管カラーを推し進めていって頂きたい。

それにしても・・・・・・・・・

政治家にとってあこがれの最高位「総理大臣」。しかし、ほめられることは少なく非難されることが断然多い。つらい立場ばかり。それでも、皆そこを目指すのだろうか?

総理大臣を辞めたら絶対本が書けそうだ!「総理大臣はつらいよ!(ノ_-。)」

2009/04/25

エコ活動ブログ写真展示会

私のブログの右サイドバーにbudgremzbudというブログバーツを載せている。

budgremzbudとはブログ投稿で苗を育て、ブログ投稿により成長させ、最終的に実際に植林をするエコなブログバーツだが、このほどその活動の一環で「エコ活動ブログ写真展示会」を開催することになり、登録している私にも参加募集のメールが届いた。

テーマに沿った各自の写真を送って一斉に写真展(ネット上)を開き、それを見てお気に入りの写真を¥300でダウンロードすることができ、その収益がまた植林に活かされるというわけだ。000_0478

テーマは「空と○○」。空のきれいな写真が写ったものがなかなか見つからず、かろうじてあったのがこの写真。

ちょっと古くて2006年12月に撮ったものだ。タイトルは「養老渓谷の晩秋」。

良かったら、次のサイトに見にいらしてください。

http://www.share300.com/premium/profile/140d0521b2282db678ce53cc3f0f87a3

もっと、素敵な作品が展示されています。さらに良かったら、何か1枚をダウンロードしていただき、エコ活動に貢献していただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

できれば、bud「gremuz」budへの参加登録もしていただければもっと嬉しいです。

(登録方法は右サイドの「gremuz」のバーツの上にカーソルを置くと<無料登録はこちら>と出るのでそこをクリックして見てください!)

ちなみに私のとろいブログUP数でも先日やっと一本植林され、今は2本目を育てています。

2008/05/17

四川大地震

Dsc00098_2  先日起こった中国・四川大地震。日を追うごとに死者が増え、予測では5万人に達するそうだ。他国からの物資の支援は受け取るが、はじめは救援活動の援助は拒否していた中国。メンツの高い国家なのか?中学時代に習った中国の歴史で毛沢東の時代は確か「自力本願」「自国再生」などの考えが強いと教わった記憶がある。今だにそんな考えが根強いらしい。それでも、先日の胡錦濤国家主席の来日で友好を刻んだ日中間のため日本の救助活動援助を受け入れて、救助隊の精鋭たちが現地に着き活躍してくれているのは嬉しい。

自力で救助や援助をするという中国国家だが、被災者たちからは緩慢な援助活動に不満が爆発しているとも伝えられる。中国でも地震はよく起こっていただろうが、私の予測では地震災害の対策・備えや耐震建築、防災等は日本ほどは国も国民も意識が薄いのではないかと思う。4年前の中越地震の教訓から編み出された災害時マニュアルも中国に提供され今後中国側と協議し利用される模様とニュースが伝えていた。

 先日の4月末から5月の頭にかけ千葉に近いところを震源とするやや強めの地震が数回起きた。私は地震が一番怖い。大きめの地震が来ると常に「今度こそ噂の大地震」かも知れないと思ってしまう。前から迷っていたが、今回の連続的な地震でやっと地震保険の資料を取り寄せる手配をしたしだいだ。

それにしても人の噂も75日、喉元過ぎれば・・・で昨年あった日本での大きな地震「能登半島地震」「中越沖地震」の際、我が家も防災に備えねばと考えたくせにその意識がなんと薄れてきていたことか!think去年の4月、7月に起こったことが、もっともっと前のような気がしている意識に我ながら驚く。

これを機にいつ起こってもおかしくない大地震や災害にあらためて意識を強めようと思う。

ところで、未だに他国からの援助を拒み続ける大洪水に見舞われたミャンマー(国民の被害より国状非公開を優先するおかしな国)や今回の被災地・中国に見舞金を寄付しようか迷っているpout!その善意がはたして被災者の援助に確実に利用されるのか???そこがいま一つ信用できないから・・・。

 とにかく、被害に遭われた中国の皆さん、ミャンマーの皆さん、1日も早く元の生活に戻れるよう傍からただ願うばかりで、歯がゆさが募る。

2007/07/19

がんばれ、新潟!!

中越沖地震に見舞われ、被災された皆様へ

心よりお見舞い申し上げます。

近年、水害・大地震と立て続けに災害に遭われ、その中から立ち上がったばかりの新潟に「まさか!!」の再びの大地震。なぜ新潟ばかり?神様は何をしてるの?人ごとながら本当に疑問を感じるし、怒りが沸いてきます。本当にお気の毒に感じ、同情いたしております。

しかし、嘆いていても何も解決しないのですよね。しばらくはとても不自由な生活を強いられますが、被災された皆さん、どうかがんばってふんっばって立ち上がってください。

また、行政の方々へは、被災者の身になって、また被災者の不満や要望にできるだけ早急に対処していって欲しいと願っております。

私も含め被災地以外の地域の方々もわが身に起こったことだと想定し、あらためて災害への備えをしておきたいものです。

最後に、被災された新潟の皆さん、どうか前を向いて歩いてくださいね。

「がんばれ~、新潟!」

2006/04/29

横田早紀江さん~”拉致”問題・国際的に

アメリカ・ブッシュ大統領との面会が叶いこのほど横田早紀江さんが「拉致問題」を訴えました。異例の大統領との面会に「拉致問題」がこれをきっかけとして世界的に認知され、その解決に向けて大きく動き出して欲しいと願って止みません。

その前日、横田早紀江さんが米議会公聴会で「拉致問題」を切々と訴えているのをTVのニュース報道で見たが、あらためて被害にあっている家族の苦しみが伝わってきて涙が溢れてきました。こころ動かされました。

続きを読む "横田早紀江さん~”拉致”問題・国際的に" »

2005/08/01

半井小絵さん

本日8月1日の讀賣新聞朝刊、「あのこ」<29、教育、12版>に気象予報士、半井小絵(なからいさえ)さんの記事が載っております。以前にも、この方の件、振れた事ありますが、NHK夜7時のニュースでお天気担当(月~金)されている方です。

女の私から見ても、なんか感じが良いというか好感持てます。ちょっと目がタレ気味で少々斜視気味?!なんだけど惹かれちゃうんです。娘に持つならこんな感じのお嬢さんがいいなって!彼女は、以前「日本銀行」にお勤めされていた才女なんですよ。頭が良さそうなとこもあこがれちゃう。民間の女子アナはなんだかすれている感じが嫌なんだけど、この方は素人っぽいとこもいいのかも知れません。

またまた、私の得意分野で検索してみると やっぱりありました。「半井小絵」さんを取り上げたサイト。

半井小絵さんのページ

http://www.geocities.jp/virtual_nono_org/sae.htm

半井小絵さんを応援するスレッド(2チャンネル)

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/sky/1094650067/l50

ただし、2チャンネルだけあって、少々セクハラ表現や問題発言有!

そこはご承知ください。おおめに><見ましょう!

より以前の記事一覧