映画・テレビ

2016/09/19

とと姉ちゃん、最終日近し

朝の連続ドラマ、前作の「あさが来た」に続きそれ以上の人気を上げた「とと姉ちゃん」。あと2週間で最終回を迎える。いつもそうなのだが、好きなドラマが終わると一抹の寂しさを覚える。自分もそのドラマの一員になってしまっているのだ。
私の中では朝ドラを見ようと思うときは何かしら理由がある。近年では「ちりとてちん」は落語に興味がすごく出てきた時だったし、「花子とアン」は「赤毛のアン」シリーズの読者ファンだったし、「マッサン」や「あさが来た」は実在の人物で偉業を成し遂げた尊敬すべき人物だったから。
そして、今回の「とと姉ちゃん」は亡くなった母が購読していた「暮らしの手帖」を発行した人物だったからだ。私もときどきその雑誌をながめてはそこに載った料理を作ったりしたのをおぼえている。確かに広告が一斉載っていなかったことも斬新で記憶している。そして、嫌味のない手書き風の表紙や見出しの文字も印象に残っている。花森安治さんという名も記憶している。(劇中では花山伊佐治<役:唐沢寿明さん>) 素敵なイラストだな~と感じていた。

Cimg1491

数年前、本屋で「暮らしの手帖」を見つけ、懐かしさを覚え衝動買いをした。その時の雑誌がこの写真。劇中で出てくるいくつかの号の「暮らしの手帖」を見るにつけあんなにあった母が購入したあの雑誌はどこへやってしまったのだろう?処分してしまったのか?もう一度よく読み返したいものだと思うと残念でならない。

Cimg1492

私が結婚し家を出るときはその「暮らしの手帖」出版の「おそうざい12か月」という一冊だけ持ち出した。このところ、ずっと本棚に飾りっぱなしで利用することがなかったので引っ張り出してみた。写真は白黒だが、しっかりした装丁でもちろんところどころに差し込まれているイラストはタッチから花森さんのものと思われる。ドラマでも紹介していたように手順一つ一つごとの写真も入っているし、ありがたいのはその本のページが開けばそのままの状態になるってこと!

Cimg1493

よく何かでページを抑えていないと閉じてしまう料理本ってありますよね~。良質のしっかりした紙を使用し、背表紙のある本。そして、しおり(スピン)もついている。(スピン:目印に本のページに挟む紐上の物)きっとこんなところまで読者の立場を考えての作りだと思われて、暮らしの手帖社の理念が伝わってくる。
※ネットでほんの装丁や名称を調べたら、「おそうざい12か月」は上製本
上製本
            表紙をボール紙に貼り、糸かがりや接着剤で中身を綴じる高級製本方法。
            表紙部分を中身よりも3mmほど大きく(チリ)仕上げ、必ず見返しをつけるようにします。表紙と背の間にも溝をつけ、見開きやすくしています。
            上製本は高級的な仕上がりのため、費用が並製本より少し割高になってしまいますが、硬質な表紙があるため丈夫で長持ちな書籍となります。
 
大橋鎭子さんって実際にはどんな方だったんだろう?何十年も続く「徹子の部屋」のゲストに出演されたことがあったそうな・・・。

Cimg1498

先日、本屋さんで「花森安治」さんの本を見つけそれを買い求めた。
後、数日で「とと姉ちゃん」も終わりを迎える。しばらくはその関連本をながめて余韻に浸ることになりそうだ。
 

Cimg1505

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015/03/04

大河ドラマ「花燃ゆ」が楽しみ♡

今年のNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」を見るのが毎週楽しみだ。巷では今年の大河ドラマの視聴率が過去ワースト3位くらいに入るとか報道されているが、私にはまったく関係ない。そもそも視聴率って一般人に発表する必要ないと思う。関係機関だけに流せばいいことなのに、ましてや低い視聴率等知りたくない。このことはメディア関係者に一考願いたいp(`ε´q)

確かに女性が主人公、さらに歴史上地味な存在の女性を主人公にしたため歴史好きな人たちから敬遠されているようだが・・・。我が夫は大河は好きだが、女性が主人公になると観なくなる(ちょっと女性差別かもしれないが・・・) 昨年の「官兵衛」は面白かったとあんなに称賛していたのに・・・。

先週までのストーリーでは吉田寅二郎(松陰)がまるでテニスを語る松岡修三氏のように熱血漢で豪快さが良い(その家族にはずいぶんと苦労を掛けるのだが)!それを演じる伊勢谷友介さんがうまい。そして彼の私塾に集まってくる若者たち(やがて明治維新を作り上げる彼ら)が悩み、苦しみ、日本はどうしていくべきかを熱く議論し合うなどはつらつとして見ていて気持ちがいい。現在のところは青春ドラマを見ているようだ。それを支えようと奔走する主人公・寅二郎の妹の文を演じる井上真央さんも健気で可愛らしく、好演していると感ずる。

歴史を詳しく知らない私だから歴史や有名な人々を知り、学びながら、文の立場のようになって彼らを応援しているってところが楽しみなのかもしれない。

先週、高杉晋作が現れその役を高良(こうら)健吾さんが演じていたがハッと気づいた。数年前に放送された朝ドラ「おひさま」で今回、文役の井上真央さんとは夫婦役で共演していたな~と。

また、高良健吾さんと久坂玄瑞役の東出昌大さんとは10代の頃からの友人で仲がいいらしい。

このところ、鼻歌?鼻メロディ?で口ずさんでいるのは「花燃え」のテーマ曲だo(*^▽^*)o

作曲が川井憲次さん、そしてナレーターが池田秀一さん。これはガンダムファンにはこたえられないらしい!ガンダムの曲を作った川井さん、シャーアズナブルの声を担当した池田さんと言う。私としては大昔に見たNHKドラマ「次郎物語」の主人公を演じた池田秀一さんの若かりし頃のお顔を覚えていてその声は今も健在だ。ナレーターとしては私ははじめて聞くが今までにない新鮮な感じがまたいい!

視聴率等なんのその、めげずに頑張ってほしい「花燃ゆ」のスタッフの一同さん!!!

こんなファンもいますと声を大にして伝えたい(/ ^^)/

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014/07/24

映画「春を背負って」

先日、本当に久しぶりに映画を見てきた。2009年「剱岳・点の記」(木村大作監督・脚本・撮影)を見て、内容もそして何と言っても山の美しさに感動したのを覚えているが、その監督がまた「山」の映画を作ったと知ってみてみたいと思ったのだ。

レディースデーの割引日(¥1000)の平日を利用したのだが、初回の時間ギリギリに到着。いざチケットを購入しようと慌てて向かったら、なんと大勢の客が並んでいた。「わ~始まっちゃうな~」と嘆いても仕方がない。ここはシネコンと呼ばれるスクリーンがたくさんある施設。平日とレディースデーだから私も含め「おばちゃん」族が多いが中には中高年のご夫婦も見受けられる。どうやら今大ヒット中の「アナと雪の女王」を見る人が多数いるらしい。私はどうもあまのじゃくでヒットしてると言うとひいてしまうdespairテーマ曲は耳に挟み、松たかこさんの意外な迫力ある歌い方にひかれ覚えるまで聞いたが・・・。(携帯に落として聞いてます♪)

入るとCMは終わっていて本編がすでに始まっていた(u_u。)

続きを読む "映画「春を背負って」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2012/06/23

リベンジ&ダメージ

 先日も記事にした今やアメリカドラマのフリークと化している私happy02

ぜひ私と同じような人がいれば話が共有できてもっと楽しくなるな~と思っている。ちょっと興味があると思われる方に朗報です!

BSの無料放送 258チャンネルDlifeでは今日6月23日(土)に「リベンジ」の特集を組んで今まで14話のストーリーがわかります。午後5:00~10:00と時間は長いけど録画してゆっくり見ても良いのでは?このドラマ、仲間に陥れられ無実の罪を着せられたまま無念の死を遂げた父親に代わって彼らに復讐をしていく一人娘のドラマだ。日本初放送で、ストーリー展開もハラハラドキドキで面白い。ぜひ見ていただきたいgood

もうひとつのお勧めドラマは「ダメージ」。こちらは先日最終回を迎えたのですが、なぜかまた再放送をするというのです。これも同じく6月23日(土)午後11:00~12:00。(第1回、全13回)から。

このドラマは現在と過去が交錯しながら謎の真相と陰謀が解き明かされていく 、新感覚フラッシュバック・サスペンス! です。これもはまります!ちょっと人間不信になるかも・・・・(u_u。) 見ごたえ十分。この作品もぜひ見ていただきたいな~。

以上 アメリカドラマにはまっているタムからの見始めるチャンスのお知らせでしたw(゚o゚)w

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012/06/01

BS 「Dlife」  米ドラマに夢中!

かつてブログであまりTVを見なくなったと書いたことが有った。TV番組がマンネリ化して面白い、興味があるという番組が少なくなってしまったからだ。とはいいつつ、私のブログにはTV番組を取り上げることが多く矛盾していると思われる方も多いと思う。全く見ないというわけでなく興味のある番組は見ている。期待に応える、いや期待以上に良かった番組は皆さんに知ってもらいたいと思う気持ちがブログに取り上げることとなったのだ。

前置きがいつもながら長く申し訳ありません。

地デジのチャンネルの番組が面白くないときBS放送に切り替える。TV上に出した番組表から3ケタのチャンネルを探す。有料放送が多い中で時々無料の番組もある。ある日のことそんな中に3月半ばから始まる放送局があった。それも無料放送で・・・。メインはアメリカの番組を吹き替えで放送するもの。予告番組を見ていたらいくつかアメリカで話題になったタイトルだけは聞いたことが有るドラマやNHKBSでかつて放送していた番組(私はまともには見ていない)さらに本国で人気で日本初放送となるドラマなど見てみたいと思うドラマが目白押し。

といわけで、開局日のその日から見始めた。そしたら案の定そのドラマにすっかりはまってしまっている。主に夜の9:00~12:00に見たいドラマが集中している。しかし10:00を過ぎると眠気が襲いストーリーが頭に入ってこないってわけで毎回録画。翌日の昼間にあいまいに見たドラマをしっかり見直す。そんな繰り返しで今のところ午前中にしたい家事や仕事が後回しにされてしまうってこと!反省点ではあるけど今は夢中でその生活リズムとなってしまう。その代わり貴重な少ない時間でこなさなければいけないことをなんとかするようになった気もする。

見ている番組名

「プリティ リトル ライアーズ(日本初放送)」 「アグリーベティー」 「ヴェロニカ・マーズ」 「コールドケース」 「ボーンズ」 「NCIS」 「リヴェンジ(日本初放送)」 「クローザー」 「ダメージ」 「ロスト」 「フラッシュフォーワード」

興味のある方はホームページへどうぞ

DLIFE http://www.dlife.jp/lineup/drama/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011/10/19

朝ドラ「カーネーション」、おもろい!!

 10月より始まった朝ドラ「カーネーション」が面白い!前作「おひさま」ははじめの頃は面白かったが後半以降ストーリーの盛り上がりも少なくだらだらとして面白さは失せていった。今季の朝ドラもどんなもんだろうか?と期待せず見たら初回から興味をそそられてしまった。

1週目はヒロインの子役の子がはつらつと演技していて楽しかった。2週目位から大人(厳密には少女時代)の女優、尾野真知子さん(私はあまり知らない女優さんだが演技はうまいと感じている)が演じられてイメージに合うかしら?と心配したが脚本の良さや関西弁の軽妙さも相まって裏切られずに楽しさは継続された。

Photo

カーネーション」というドラマの情報は何も知らずに見ていてフィクションだと思っていたら、先日このドラマに関連する番組に遭遇した。何と、このドラマの主人公はかの有名なコシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコという三姉妹のデザイナーを生んだ母親「小篠綾子」さんの人生をベースに書かれたものと判明し、非常に驚き、かつ納得した。

男勝りで自身のやりたいことを迷いもせずに突っ走る人生。すごくいきいきとして描かれて元気やファイトをもらえる気がするドラマだ。

おひさまのヒロインは品行方正な女性が描かれていたが、今回のカーネーションのヒロインは実話をもとに、またすごく人間味のある生き方をされているのでストーリーが躍動している感じが面白さを倍増している気がする。

しばらくはこの番組から目が離せない日が続きそうだ。 頑張れ~、糸子!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011/07/23

おまえなしでは生きていけない 視聴感②

ずいぶんと間が空いてしまって恐縮だがキリが悪いので今頃最後の「夏目漱石編」の視聴の感想を書いてみる。

夏目漱石編

夏目漱石役を鶴見辰吾さんが演じていた。有名な漱石の写真に見る口髭を蓄えあの頃の着物姿を見たら実に雰囲気があっていた。

漱石はイギリス留学から帰国した後神経衰弱の精神病に陥っていた。そんな時に野良猫が迷い込んできた。妻は追っ払おうと何度もしたが漱石はいとも簡単に「家で飼えばいいじゃないか!」と言う。猫が好きでない妻はしぶしぶ飼うことにする。その猫は全身黒い黒猫だった。妻が懇意にしているあん摩師がその猫を見てこういった。「黒猫は珍しさから福猫だから大事にした方が良いですよ!」それを信じた妻は積極的に飼う決心をしその猫には毎回鰹節を削ってご飯にかけてあげるほどだし、もちろん漱石にも黒猫は福猫だと告げた。猫を飼うことからヒントを得て「吾輩は猫である」を書き発表するとそれが好評を得た。教員だった漱石は翌年には「坊ちゃん」を書く。これまた人気を博した。まさに例の野良猫は「福猫」だったのだ。

やがて教員を辞めて朝日新聞に入社し、職業作家として本格的に小説を書くようになる。「虞美人草」「三四郎」などを発表。その後、「門」「こころ」「それから」なども執筆。

今の早稲田大学構内辺りに大きな庭を持つ家に引っ越す。TVではその直後くらいに黒猫の具合が悪くなり始めた。そんな福猫を呼ぶ際に「ねこ~、ねこ~」と呼んでいたのは滑稽だ。まさに「吾輩は猫である」の冒頭に「吾輩は猫である。名前はまだ無い」とあるが実際そうだったのだ。猫好きの私としてはこの件は全く納得できないが・・・・。

現代のようなペットの病院が無かったから滋養のあるものを食べさせようとするも食べさせることもままならずやがてその黒猫は死んでしまう。猫は綺麗な箱に入れられ庭に埋め立派な墓石ならぬ墓木を建ててやって、そこに漱石自ら猫に送る俳句を書いてやった(その句は忘れました)。そして月命日には必ず墓の前に おかかご飯とシャケの切身一匹をお供えして・・・。

何十年前に「吾輩は猫である」を読んだ記憶がある。確か結構長い小説で途中で投げ出してしまった!あらためてまた「吾輩は猫である」を読んでみようと思う、最後まで。

今は先日書いたが、内田百閒の「ノラや」を読んでいるが案の定百閒がノラを思い出して涙を流すたびに私もこみ上げてくる・・・それでも最後まで頑張って読み続けよう!!

「猫」って私にとってもかけがえのない家族で可愛くていとおしくて今回紹介した芸術家たちと同じで、おまえなしでは生きていけないheart02って存在であるのは間違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2011/07/07

おまえなしでは生きていけない 視聴感

6月末に全記事で紹介した番組を見た。そのtv感想eyethink

藤田嗣治編

この作品は見逃してしまった。というのも録画設定する時、TVに番組表を出してカーソルで送りその番組の上でクリックして予約するのだが、NHKは当日一時間前に「おまえなしでは生きていけない」の番宣の番組を組んでいたらしくそれを録画してしまってがっくりbearing!予告編しか見られず・・・。

内田百閒編

内田は作家だが、名前は知っていても作品を読んだことはなかった。百閒役を石橋蓮司さんが好演。その当時の着物姿が様になっていた。ずいぶんと変わり者でがんこ・偏屈なそれでいてどこか憎めない人柄。大の小鳥好きで家に何十羽も飼っていた。(TVではメジロだった)そんな百閒の庭先へ野良猫が現れるようになり、内縁の妻に追い払うように言う。ところがある日その野良猫が庭にある大きな甕(雨水をためる?)に落ちたのをきっかけに内田の心がかわる。百閒は学生時代に読んだ「吾輩は猫である」に感銘を受け、後に夏目漱石に弟子入りしている。その「吾輩は猫である」の中で猫が甕に落ちる一節があるとか・・・。運命を感じたのか、嫌っていた野良猫に餌を与え始めるのだ。水の嫌いな猫への詫びだという。さらにある時、自分のおかずの干物を残した。妻が「おきに召しませんでしたか?」と尋ねると野良猫にやる分だと言う。妻が「それなら家でその猫を飼いましょう!」と言うことになる。

それからは、猫可愛がり。猫に木製の寝床を用意したり、風呂の蓋の上に寝てしまっている猫をおこせず「どうしよう?」と裸のまま思案したり・・・。わかるわかる、猫好きの私としてはそんな気持ち。百閒は言う。「猫は素っ気ないからいい。恩に切るなぞは人間社会だけでたくさん!」

その猫はノラと名付けたが、ある日突然いなくなる。百閒が「ノラや」という随筆集を出した翌日のことだと言う。百閒は寝ても覚めてもノラのことが心配でなんと14年も探し続けたという。猫探しのビラが残っている。その文章も百閒独特の言い回しで、賞金まで付けている。英文で書いたものも子供向けに手書きで優しく書いた物まである。14年も探し続けるなんて、百閒のノラに対する強い愛情、さぞかし辛かっただろうと思われる心情を思うと後半はもう涙。涙。私もグチャグチャになってしまった。フィクションなら最後の最後にノラが現れてめでたし、めでたしで終わりにしたいが・・・・。

この番組をきっかけに私は内田百閒の本を読んでみたいと思った。もちろん、まずはじめは随筆集「ノラや」だ。

続きを読む "おまえなしでは生きていけない 視聴感"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011/06/25

おまえなしでは生きていけない 

019

 何も恋人か配偶者に恋焦がれてのタイトルではない!ここではお前=猫のことなのだ!  

私は無二の動物好きだ。犬猫は日常の許す範囲で常に飼ってきた。近年は猫を拾ったのをきっかけになんと現在4匹も飼っている。おまけに家の周りをうろつく野良猫に餌を与えたのが運のツキ?!毎日餌をもらいに来る猫が2~3匹。早朝ウォーキングで出会い慣ついた飼われた犬も3匹もいる。客観的にもつくづく動物好きなんだな~とあらためて思う。

犬たちを通して飼い主とも知り合いになり、動物に関連した話ははずむのだ。皆、動物たちに癒されていてその心理は同じだからだと思う。

BSプレミアムの番組予告

6月27日(月)~30日(木) 午後8:00~9:00 

NHKの宣伝をするわけではないが、BSプレミアム(BS103)で来週4夜連続で猫を愛した芸術家たちの物語『おまえなしでは生きてはいけない』が映像評伝で放送される予告を見た。芸術家たちはどのように猫たちと関わり愛したかを知りたくて録画して見ようと思っている。

初日は画家の藤田嗣治だ。演じるのは竹中直人さん。演技派だから楽しみ。

二日目は内田百閒。三日目は向田邦子。四日目は猫と言っては外せない夏目漱石。

来週が待ちきれない。

猫好きの方、必見ですよ~~、きっと!

追伸:猫を飼っているのにブログで最近、猫の話題はさっぱり書いていない(><;)

あまりに日常過ぎていつでも書けるっていう意識が働いていたかもしれない(;;;´Д`)ゝ

これをきっかけに我が家の猫を記事に取り上げようか?そんなことを思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/12/22

映画「武士の家計簿」

楽しみにしていた映画を見てきた。

005

「金沢藩士猪山家文書」を読み解いた磯田道史氏の著書「武士の家計簿<加賀藩御算用者>の幕末維新」(新潮新書刊)が原作の映画だ。

そろばんバカと言われるほど仕事に熱心で生真面目な御算用場に勤める下級武士、猪山直之。記帳された資料から米の横流しを見つけ上司に告げるも慣例だからとその件をもみ消されてしまう。下っ端はどうすることもできない。

一方、妻から猪山家の家計が借金に見舞われていることを告げられ、算用の腕を生かし一念発起、「猪山家家計立て直し計画」を宣言。見栄や世間体を捨てて家財を徹底的に売り払い家族全員で質素倹約に努めた。

この映画はそんな倹約だけを強調しているのではなく、家族の絆をも描いていた。

以前見た藤沢周平の「山桜」や「たそがれ清兵衛」、「隠し剣鬼の爪」等でも感じたようにこの時代は現代から比べるとなんと無駄の少ない生活何だろう。また着物を着ての立ち居振る舞いや親に対する尊敬の念と言葉づかい。どれをとってもこのころの日本人の生活ってあらためていいな~と感じる。今の日本人は自分も含めすっかりそんな精神を忘れてしまっている。とても残念なことに思う。

豪華だった職場に持っていく手弁当が倹約により握り飯一つ、ふかし芋、お新香になり同僚や下の者にも同情されるほど。それでもそんな世間体を気にせず堂々としている姿にあっぱれである。

そんな倹約に倹約を続け、いつしか膨大な借金もなくなる。そして代々の「御算用者」は自分の子供に小さい頃から家計簿を付けさせ算用術を身につけさせていった。

派手さは全くない映画。でも、古き良き日本人の慎ましさを改めて認識させられ反省させられる。また、自分の仕事に誇りを持ち人になんと思われようと迷うことなく一筋に力を注ぐ、生きていく姿はじわじわと見ている者に伝わってくる秀作な映画だと感じた。

004

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|