趣味

2017/11/23

御岳山登山②

正式には「武蔵御嶽神社」の随心門脇からの側道を下り、長尾平・天狗岩・ロックガーデンを目指す。

Pb120016

長尾平の東屋からの眺め。はるかに見える山は二こぶの様子から筑波山。

Pb120017

光に輝くあたりは東京湾。近くで眺めていた登山者の方が教えてくれた!

Pb120019

長尾平から養沢川に落ちる「七代の滝」を目指しひたすら下る。

Pb120025

結構、急な下り坂があり20分程で着いた。

Pb120028_2

Tennguiwa

Tetuhasigo

10分程休んだ後、次の「天狗岩」へ。ここからはかなり急角度(ほとんど90度に近い)の鉄梯子&毛細血管のような木の根がはびこる坂道と格闘して10分。天狗岩に着く頃はへとへと(;´д`)。ここでも休憩。

その間にまた犬連れのハイカーがやってきて休憩していたが、連れられている小さな犬(たぶんチワワ系)を見ていたら後ろ足の一本を少し上げていた。山道で足を痛めたのでは?一方、飼い主は気付いていない様子で仲間とおしゃべりをしていた。足の短い小型犬は特にかわいそう。なんでも無いといいけど・・・。

「天狗岩」の写真を撮るのを忘れたが、ざっと見て5m以上もある大岩。登れるように鎖がついていたがその先が裏側で後の様子がわからない。何人か挑戦していたが今回は登らなかった。次回、機会があればチャレンジしたい。

ここからは楽しみなロックガーデン!!
小さな沢沿いに苔むした岩が続く。

Pb120036

Pb120040

Pb120041

Pb120049

Pb120050

ロックガーデンは比較的なだらかな道で登山というより散策という感覚。水の流れる音に苔蒸した岩肌、木肌に癒されながら歩く。丁度、真ん中辺りに休憩所がありここで早い昼食とする。最近、山の休憩時に作る手作りごはん「山ごはん」が流行っていると聞いてやってみたいと思っていたのだが、前日、準備をする時間がなく今回は残念(u_u。)。キャンプもそうだが外で作って食べる食事って特に美味しく感じるから次回こそマンネリ化した登山の昼食を打開するぞ~~\(*`∧´)/ 唯一、いつものコーヒーを入れて味わうcafe

さあ出発。

Pb120053

Pb120054

また滝が現れた!これは「綾広の滝」

Pb120055

ここは鳥居もある。なんでも修行僧の滝行に利用されるそうだ。そういえば山中で2度ほどほら貝を吹く音を聞いた。でもこんなに登山客で賑わう騒がしい山中だと修行も集中を書くのでは?と心配してしまう。

滝脇を登り上がると丁字路に突き当る。ここを右に進めば長尾平前の道、さらに進めば出発地の御岳山駅へ出る。道は比較的平らなのだが意外にこんなに遠くに来ていたのかと感ずるほど長く感じた。

Pb120058

ほぼ1時間位でケーブルカー駅に戻ってきた。駅内の売店の一角に去年亡くなった「田部井淳子」さんのグッズ販売していたのを見ていたので帰りに寄りたいと思っていたのだが、ケーブルカーが丁度出る時間で、家族に遠慮して泣く泣く、寄れずに乗り込んだ。
(※田部井さんの本を呼んだ時、確か大学を出て東京で就職しているころ何かうやむやしている際に久々に登った山が「御岳山」と読んだ記憶がある。思い出の地・山だったはず)

Pb120065

下山のケーブルカーは先頭に陣取れた。中央付近で上りのケーブルカーとすれ違う。下の駅「滝本駅」を後にしたのは12時半近く。駐車場を出た時にネットで得た情報が本当だったのを知ることに!駐車場の空きを待つ車の列が長々と続いていたのだ。皆、気が長いな~と思いながら気の毒に感じた。

帰り道も時間帯が早いせいか渋滞にはまることもなく順調。登山の後の温泉は今回、地元に戻って八街のお隣、酒々井アウトレット近くにある酒々井温泉「湯楽の里」へ。我が家へは日が落ちる前に着いた。

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

御岳山登山

4か月ぶりの山登り。
11月中旬、奥多摩の御岳山に行ってきた。まだ暗い早朝4時半に自宅を出発。途中、コンビニで朝食・昼食を調達して、東関道・佐倉インターから入り首都高を通り中央道へ。渋滞もなく順調に進む。6時前、夜明け前の都会のビルの灯りがとても綺麗で感動。私が運転のためその写真を撮れず残念。中央道に入ってビル街を抜けるころほぼ正面に雪をかぶった富士山が見えてくる。走るごとに富士が大きく見えてくる。いつでも富士山を目にするとなんだかうれしく感じるのはどうしてだろう?それが富士山の力なのだろう!
八王子JKから圏央道へ。奥多摩の山に向かうせいかいくつものトンネルを通過。ナビが日の出インターで下りるよう指示した。空は快晴。行楽には最適の日和。ただし外気温は5度(車内の表示による) 降りてから30分程、7時15分頃到着した。
心配した駐車場にも入れた。というのも、下調べをした際、駐車場はピーク時には待ちの車で渋滞すると書かれていたからだ。そのためオープン時刻に合わせて到着を目指した。何とか最後の数台分が空いていただけだった!くわばら、くわばら(;;;´Д`)ゝ

Pb120066

御岳山へは下から登っていく道もあるようだがほとんどの人がケーブルカーを利用する。我が家(いつもの3人)もそれに従う。

Pb120004

6分で御岳山駅に到着。まだ7時台、空気が冷たいbearing

Pb120001

駅の展望台からの眺め

Pb120005

まずは御岳山神社へ。参道を歩く。この感じは高尾山へ登る参道に似ている。

Pb120006

Pb120007

しばらく行くと急坂に沿って家が立ち並んで建っている。こんな場所で生活している人たちがいるんだと感心していたが、これ1軒1軒が宿坊だと分かった。宿坊って?調べると僧侶や参拝者が泊まる宿らしいが現在は一般観光客も泊まれるそうだ。

Pb120011

 

けっこうきつい坂道を登りきると御岳山神社下に着いた。手水舎で手口を清め階段を上がる。

Pb120012

宝物殿

Pb120013

脇の紅葉が見事。向こうの山並みも良く見えた。

Pb120014

本殿。参道を歩いて気付いたのだが、ペットの犬を連れて歩く人が多い。御岳山上げてペット連れのハイキングを推奨してるのかな?と思ったのだが、後で調べたらこの神社の狛犬さんが「おいぬ様」として祀られているそうで近年、犬を連れての参拝者が増えたとか!

それを知らなかったのでその狛犬さんを写真に納めて来なかったgawk

 

Mitakesann_oinusama_2

ネットからお借りしました「おいぬ様」。江戸時代から盗難除け・魔除けとしてあがめられてきたそうですが、実は犬ではなく日本狼なんだそうだ。ペットブームと登山ブームが重なってその謂れが知れるようになりペットを連れての登山者が増えてきたのだなΣ(゚д゚;)。ペット好きの私に言わせれば本当に犬は喜んでいるのかな?人間の方が自己満足してるんじゃないの?って感は否めない。

Pb120008

そうそう、この御岳山神社が御岳山の頂上929mにあたるらしいが、標高を示す表示や三角点もどこにあるかわからなかった!

とは言え、今日の目的地達成ってわけでなくこれからが本番。続きは②へ ♪(o ̄∇ ̄)/

 

 

 

 

続きを読む "御岳山登山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/07/25

那須・朝日岳登山

久々の山登り。2017.7.9に登頂してきた。
土曜日の夜、八街を出発。東北道へはいつもなら首都高速経由で入る。首都高速は狭い上に複雑、一部左から合流するなど走りにくいので運転はいつも夫に任す。2年程前に関東圏をほぼ一周する圏央道が完成したのでその圏央道を利用して東北道へ入ろうと夫が提案。そして同行する長男に運転を任すことにした。
ごご10時半に家を出て、目指す那須までの道のりは
東関道・酒々井インター~大栄ジャンクションより圏央道へ→つくばジャンクションより常磐道へ→友部ジャンクションより北関東道へ→栃木都賀ジャンクションより東北道へ→那須インターで降りる このコースなら私一人でも東北道へ入ることができそうだ!
午前を回った頃運転手を含め皆睡魔に襲われ始める。危険回避のため、トイレ休憩を兼ね北関東道のあるSAで30分ほど仮眠をとる。夫の会社の持つ那須リゾートマンションへは午前2時半ころ到着。早朝までチャンと布団に横になって寝た。

P7090001

朝7時前に出発。峰の小屋駐車場に7時半。それでも第一駐車場はいっぱいで第二駐車場に何とか停められた。
AM7:40 トイレをすまし、登山開始!登山用ポストに登山計画書を投函しいよいよ登山口へ。無事を祈り一礼して鳥居をくぐる。

P7090003

P7090004

かわいいお地蔵さん、いやっ狛犬さんかな?に見送られ、階段を昇る。

しばらくは樹林帯の中を歩く。はじめの30分はいつもきつく感じるが、夏の暑さに加え風が抜けることもなく汗濁となる。それでもゆっくりとがんばると間もなく山肌があらわになる登山道になってきた。

P7090006

この日は快晴で茶臼岳の山頂もくっきりと見える。風も通るようになり汗も一気に引いて登る気が再燃。次は分岐の峰の茶屋避難小屋まで頑張ろう!

P7090009

P7090014

8:40  避難小屋到着。ここで休憩。朝日岳への道のりはこれからがちょっとスリリングになるという。

8:50 どんな道のりなのだろう?ちょっとワクワクして出発した。朝日岳方面だがどの山がその頂上なのだろう?

P7090020

P7090018

ここからはトラバース(横に進む道)が続く。この後だんだん岩肌があらわになり、傾斜もきつく、片側が崖のロープの張られた道など山登りしてる~っ!って楽しい。でも写真を撮る余裕がなかったからお見せできないのが残念。

他の方の朝日岳の登山道写真をご覧ください☞ここをクリック!!

P7090021 

P7090023 

ドキドキ感を味わいながら朝日岳山頂下の分岐点、「朝日の肩」に着く。

P7090026

そして10分ほどでついに朝日岳山頂に着いた。普段なら眺望の良い山頂らしいが周りは霧?雲?だらけで全く見えず。いたのは数えきれないほどのトンボの群れだった!

P7090030

山頂 9:50着

朝日の肩からは三本槍岳方面の山容が見え、その登山道も見えたからか(登山者の姿が遠目でも見えた)意外と早く登頂してしまって長男はまだ満足できないらしい。

「ちょっとこの先登ってきていいかな?」という。私も「三本槍岳」も意外と近いのかと思い混んでしまい、

「いいけど・・・」と返事。ただし、下りが苦手な夫のことを考えるとあまり遠出したくなかったので、私たちは「朝日の肩」のベンチで待つことにした。

P7090033

30分程待ったか?長男から電話あり。

「そこから見える山のてっぺんは<清水平>というところで、三本槍はまだまだ先らしい。だから急いで引き返すから」

なるほど手元のマップを見直すと三本槍岳は今いるところから1時間半くらいかかるように書かれていた。

長男と合流し来た道を戻る。下りは滑りやすいからなおさら慎重に、慎重に。

そして行きにも休憩した「避難小屋」で昼食を摂ることにした!11:30 昼食

12:00 避難小屋より下山開始。

12:35 峰の茶屋駐車場着。

車に乗る前に私は登頂証明としての朝日岳のバッチを探しにそこにある売店へ寄る。5個目のバッチ、手に入れた!その売店にかき氷の旗が。「ね~、かき氷食べない?」提案すると、ひとつ返事で皆が賛成。そこで食べたかき氷、すごくおいしく感じた。ちなみにこの売店でのかき氷の売りは「裏の湧水の天然氷を使用」だそうだ。

この日、駐車場に戻るとおびただしい数の自転車と艶やかなウエア姿のサイクルニストたちと大会のアナウンスの声。「那須ロングライド」という大会があり下から自転車で登ってきた選手たちだった。車での下り道ではまだ競技途中の選手たちを見た。よくものぼり道しかないコースに参加するもんだと感心するのみ。

さあ、登山の後のお楽しみはいつもの温泉だ!10分程下ったところに「大丸温泉」があり早速寄る。

P7090034

P7090035

ここの温泉は温度が高く、熱くて長く入っていられない!女性は露天風呂が2か所あったがすぐのぼせてしまうのでゆっくり寝転べる箇所がないのが残念だった。

この後、マンションに戻りその日はゆっくりとして一泊して翌日の午前中に家に向かった。

登山時間が意外とかからなくて私にしても物足りなさがあったが、ちょっとしたスリリングな箇所があって楽しめたことだ。

さあ、次はどこの山に登ろうか?年内にはもう一度登りたい┗(^o^)┛

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017/04/02

伊豆大島・三原山③

Cimg1516

お鉢巡りをしていて右手に見える円錐型の島が気になった。まるで富士山の形を彷彿とさせる。これは宿題となった。

Cimg1520

途中に展望台があったがそれを過ぎるあたりから舗装道路は無くなり火山独特のゴロゴロとした道で、またアップダウンもありこれこそ登山という感覚になった。

Cimg1524

Cimg1525_2

活火山をまさに感じる風景が続く

Cimg1527

Cimg1528

 

Cimg1531

Cimg1533

Cimg1535_2

遠目に「荒野のガンマン」 近めに「疲れたおっさん」

Cimg1536

Cimg1538

上は1986年の爆発の火口だそうだ!

Cimg1540

ほぼ1周したのだが、来たルートを下山するのはつまらないので裏砂漠ルートへ降りていくことにした。途中からはテキサスルートもあったが、サボテンはないがまさに今にも馬に乗ったカーボーイが現れるような風景が続く。

Cimg1541

Cimg1542

このルートが意外と長くて行けども行けども目当ての温泉ホテルらしきものが見えない。不安になる・・・。それでも何とか案内の看板を見つけほっとする。予定ではその温泉ホテルで日帰り温泉に浸かって帰るはずだったが・・・。そこに到着した時刻が2時過ぎ。そこから港へ向かうバスが2:37発予定。一日1本しかない高速ジェット船の館山行きは3:10発。これに乗り遅れるわけにはいかず、大島での温泉はあきらめざるを得なかった、(;´д`)トホホ。

バスを待つ間、私はホテルの売店に向かいお土産を物色。職場には「明日葉ゴーフル」自分へは「非加熱製 生ツバキオイル」を購入。

今回は日帰りで慌ただしい旅だったが次回訪れるときはレンタカーでも借りて大島中を観光してみたい。晴れたら伊豆の他の島や富士山も見えると言うから好天気の時に絶対くるぞ~!

そうそう、宿題にした気になるあの島は伊豆七島の一つ、「利島」でした。

それからやはり温泉をあきらめきれず、館山に戻ってから以前「鋸山登山」の帰りに寄った<海べの湯>に入って自宅へ向かった。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

伊豆大島・三原山②

何とか間に合ってバスに乗り込んだ。路線バスとはいえ車内は観光バス座席。終点までなので一番後ろに陣取った。道中、椿林も見られたが今一つ花がない。車内に流れる観光案内では「桜は一斉に花が咲きますが、椿は順に咲いていく性質でその分長く楽しめます」と言っていた。椿まつりを開催している公園や植物園を訪れればもう少し花を愛でることはできるかもしれないが自然の中の椿では仕方がないのか?期待していただけにこの点は残念に思った。およそ30分で三原山頂口に到着。

 

 

Cimg1502_2

Cimg1503_2

11:15登山開始。
登る前から山の全容が見渡せるというのは初めてのこと!なんだか山頂はずいぶん遠くに感じた。

 

 

Cimg1505

 

すぐに馬が現れた。馬に乗って登山もできるようだ。ポニーよりは大きくて普通の馬よりは小さい。係りの人に尋ねると「与那国馬」だと言う。日本の在来種。おとなしくて順に触れて癒された。

 

 

Cimg1506

 

山頂までは遊歩道として舗装されていて一般の観光客も行きやすくなっている。しかしはじめこそほぼ平らでウォーキング感覚で歩け曇っているため寒いくらいだったが、次第に登り坂がきつくなり出し熱くなって上着を脱ぐほどに。

 

12:00頃、お鉢の淵に到着。

 

 

Cimg1511

 

三原神社の鳥居。

 

 

Cimg1512

 

 

Cimg1513

 

この神社は1986年の噴火の際(島民全員が島外に避難した)奇跡的に被害を受けなかった神社だそうでその強運にあやかろうとお参り。

 

そろそろどこかで昼食を摂ろうと探す。映画でも取り上げられたことのある「ゴジラ岩」発見!!

Cimg1515

 

Cimg1517

ここにきて体がまた冷えてきた。穴から暖かい空気が出ている箇所(この呼び名の看板があったがその名を忘れたbearing)のそばでお昼をとることにした。最後にいれたてのコーヒーを飲むとちょっと救われた。さあ急ぎ旅、左回りにお鉢巡りを開始した。
後編は次の記事で(* ̄0 ̄)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/03/30

早春のゆる山歩き~伊豆大島・三原山

Cimg1501_2

3月12日の日曜日、東海汽船の高速ジェット船で伊豆大島に渡り、三原山へ登ってきた!

正月以後、忙しくしており山登りから遠のいていた。登りたい~登りたい~という欲求に駆られ始めたころ、東京新聞の「ほっとナビ」のゆる山歩きで紹介されていた記事が目についた。

続きを読む "早春のゆる山歩き~伊豆大島・三原山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/01/12

2017新春登山 ~筑波山~後編

Cimg1496

<たぶん文章と写真が合わない表示になると思われるので文章の頭に番号を付けます。上から順の写真番号となります。>

①弁慶七戻り。今にも落ちそうな巨岩をくぐる。

Cimg1498

②陰陽石

Cimg1500

Cimg1501

④出船入船 名前が妙。言われれば先端が船先には見えるが・・・

Cimg1503

Cimg1504

Cimg1505

⑤裏面大黒

⑥大仏岩

⑦私にはゴリラの頭にしか見えない!

Cimg1509_2

⑧女体山頂からの眺め

 

Cimg1510_2

⑨一応、三角点確認

 

 

続きを読む "2017新春登山 ~筑波山~後編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017新春登山 ~筑波山~

恒例となりつつある正月の行事、「日帰り登山」。今年で3回目となる。長男、夫と私の共通の休みが今年は3日。暮れごろにどこの山にする?と相談した時は奥多摩の「御岳山」とだいたい決まったのだったが、登山の予定日がお正月の帰省ラッシュ日だと後で気づき、都内の高速道を走りたくないという思いから急きょ変更。どこにする?やはり都内を走らずいけるのは茨城の山ということで、おととしに続いて2度目となるが再度、「筑波山」へ行くこととした。
八街を6時20分に出て東関道・酒々井インターから入り大栄ジャンクションから圏央道へ。牛久の大仏様、阿見のアウトレットの横を通り常磐道へのジャンクションから入って土浦北で降りて30分ほどで今回の登山道口のあるつつじが丘に到着。圏央道ができたおかげで2時間強でついて大助かりだ。前回の登山道は筑波神社脇から登るコースだったが、今回はロープウェイのあるつつじが丘から登る「おたて石コース」。余談だが、土浦北インターを降りてからのナビの案内でちょっと得したのが、つつじが丘に向かうパープルラインから見える絶景だった。筑波山に向かう連山の尾根を走っているようでふもとの町や遠くの景色が良く見えた。途中で止まって写真を撮りたい衝動に駆られるほどだったが先を急ぐので目で楽しんだのみ。お見せできないのが今となっては残念に感じる。

Cimg1487

おたて石コースの登山口 8:40出発

 

Cimg1488

振り返ってのつつじが丘の駐車場
 

Cimg1490

登りだして5分ほど

すでにフーフーいって小休憩ι(´Д`υ)

 

Cimg1494

 

一昨年の「白雲橋コース」と合流した<弁慶茶屋跡>から見た風景。遠くに霞ヶ浦が写る。

ここから奇岩が続くコースとなる。

後編は次の記事に!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/11/26

野鳥観察会に参加

先月末、野鳥観察会に参加した。集合場所の公民館に行くと知り合いのUさんが取りまとめをしていてビックリ。同じ町内会のメンバーで引っ越し当初、自治会で一緒に役員をした方だ。野鳥の会に所属されて20年以上になると聞いて2度ビックリ。
参加者14名。内、野鳥の会会員でないのは私を含め3人程度。観察場所は八街では数少ない田園地帯(畑が断然多いので)<岡田・根古谷地区>、送迎は市のマイクロバスで。

Cimg1524

初めて訪れるが、いかにも里山という風情だ。Uさんが先頭で鳥が比較的多くみられるという林へ。ところがその先で草刈り機で草刈りをする地元の方がいた!その騒音のため鳥は居ないであろうということで引き返すことに。それでも誰かが「カケス」を見たという。飛び去ったたため、見られず・・・。今度はカラス2羽に追い立てられる鳥の姿があった。U さんが「サシバじゃないかしら?」。昨年も見かけたという。カラスは執拗にどこまでも追いかける。四方八方に逃げ惑うその鳥がかわいそうなくらい。サシバといえば猛禽類に属し強そうだが、サシバ?はカラスよりちょっと小さい感じ。Uさん曰く「カラスって縄張り意識がとても強いのよ!」なるほど。歩いている道の脇に小さな沢があり、その水がきれい。この地区は湧水が多いとか!カラスの習性、この土地の特徴と勉強になった。
岡田から根古谷に歩いている途中には民家にある柿の木にジョウビタキが。それを見つけたのはやはりUさん。素人だとあそこよ?と言われてもなかなか見つけにくい。鳥が枝から枝に飛び移る姿でやっと見つかった。この鳥はウォーキング途中に何度か見かけたことがある。お腹のオレンジ色が美しい。渡りで秋に見かけるようになるという。
歩いて根古谷地区に向かう道すがら、民家の庭先をながめて様々な花、花木を見てはあれは〇〇の花よね!柚子の木、夏みかん、柿、花梨の木等と目で楽しませてもらった!赤い実をつけた木に注目すると、植物に詳しい方が、「マユミ」と教えてくださり、かつてはこの木から弓矢を作ったという。名の由来に納得。
一方、鳥は田んぼにシラサギが・・・さらにアオサギも。小鳥はカワラヒワ、モズ。

Joubitaki

Kawarahiwa

Mazu

Sasiba

写真はネットからお借りしたものでありm(_ _)m
、当日見た鳥たちではありません
 
順にジョウビタキ・カワラヒワ・モズ・サシバ
根古谷の法宣寺に着く。ここで休憩、そして昼食タイム。

Cimg1528法泉寺下の東屋で手弁当を開く。 ここで参加者の方たちと歓談。この時期の観察会は市の文化祭に参加での一般募集。観察地は毎年同じ。鳥の数は年々減少しているという。原因は?農薬や開発?らしい。八街の野鳥の会では月1での活動があるそうで、来月は御岳山へ出かけるという。

この東屋のすぐ脇にも湧水が。それもガンガン流れていてその水は飲めるということでコップもおかれていた。汲みに訪れる人もあるという。八街にこれほどの湧水があるとは知らなかった。でも、素敵なことだ💛

午後も散策は続く。しかし、これ以降あまり鳥の姿はおろか声さえもほとんどない。後半は里山歩き。そんな中でいくつものかわいい野の花たちを見ることができたのは救いだ。

Cimg1533

Cimg1536

 
 
 
 

 

Cimg1539_2

Cimg1540

上から順に ミゾソバ、ノギク?(ネットではムラサキヨメナ)、アザミ、?(今調べ中)

写真はないが、田んぼで野焼きの煙が上がりますます素敵な風景が広がる。小川の土手を歩いたりしてのんびりゆったり楽しんだ。

そうだ、忘れてはいけない、この地区は寝釈迦の風景も有名だ。

Cimg1531お釈迦様が寝ているように見えますか?

 

Magamo001

この後最後にある池に車で移動。マガモの観察だ。

昨年は何十羽もいたそうだが、この日は10羽くらいかな?オスの色とりどりの鮮やかな羽の色が美しい。ところが、カメラの充電が切れてカモの撮影はかなわなかった。とても残念。このころ、予報通りの雨が降り出し引き上げることに・・・。

観察会。鳥たちにはあまり会えなかったが、八街にこんな場所があったんだとあらためて知らされた。

願わくば、鳥たちが住みやすい、来易い環境がこれ以上失われないように(-人ー)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/02/23

野鳥観察まだやってます!

2年ほど前に軽井沢へ出かけた時、野鳥の森ネイチャーウォッチング「ピッキオ」でのバードウォッチング初体験から野鳥観察に目覚めた私。その後、20倍率の双眼鏡を手に入れ早朝ウォーキングの際にそれを首にかけ野鳥ウォッチングもしながら行っている。

昨年3月には千葉県の野鳥の会が主催のバードウォッチングの会に一度参加したこともある(2015・3月の記事)

その際に冬が1年で一番観察しやすいシーズンだと教わった!これは目からうろこの情報だった。素人考えでは寒い冬は鳥も寒くていないと思っていたから。野鳥って意外にも冬でも見かけるし、落葉で葉の無い木々にとまる鳥たちは見つけやすいのだ。そして、暖かい時期には見かけなかった鳥たちもいることも知った。

私は望遠カメラを持っていないのでこの場でその鳥たちをお見せできないのがとても残念ではある。鳥の種類も少しづつ覚えてきたし、鳴き声で何の鳥かもわかってきた。そして、家の周辺でも想像以上にいろいろな鳥がいることにも驚いた。

一般的に雀、カラス、鳩くらいはわかる。住宅街でも「シジュウカラ」が多くいることを知った。画像はデジダル野鳥図鑑から拝借してます!

Sijuukara

庭の木にリンゴやミカンを半切りにしてつけておくとやってくるのは可愛い「メジロ」。でも、それを押しのけてやってくるのが「ヒヨドリ」

MeziroHiyodori

ウオーキング中に今の時期に見かける鳥たち

アオジ カシラダカ ジョウビタキ コゲラ ツグミ

AoziKasiradaka

Joubitaki_2

Kogera

Tugumi

最近、見かけるようになった鳥たち

アカハラ ヤマガラ 

Akahara

Yamagara

どうですか?鳥たちって可愛いと思いませんか?それに羽の色も鮮やかできれいheart02sign03

この他にハクセキレイやモズもけっこういる。

鳥の種類はまだまだたくさんある。まだ、この目で見てない鳥たちに早く会いたい!もうすぐ春だ。ウグイス、ホオジロ、ヒバリ、ツバメも見かけるだろう。

私の野鳥観察はまだまだ続くだろうw(゚o゚)w

追記:この記事を書いた翌日2月24日の早朝ウォーキングで今年初の「ウグイス」の声を聞いた!!やはり暖冬のせい?!いつもの年より1週間ほど早い。次はその姿を早く見たい。ウグイスって鳴き声はよく聞けるのだがその姿を見つけるのは相当に難しい鳥なのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|