2009/04/18

「きぶし」の花

「きぶし」の花
数日前の記事「ウォーキングとお花見」の中で<はな先生にたずねた木>の写真はこれです!

「きぶし」というそうで、かつてはお歯黒の染料に使われていたそうな。この色のどこから黒色が絞り取れるのかな?不思議ですね(・・?)

2008/06/10

時計草も開花

時計草も開花〓

今朝、ゴミ出しに出て何気なく我が家のフェンスを見上げたら、時計草が咲いていた。昨年から植え付けていたが、ツルは伸びても昨年中に花を付けることは無かった。
だから、今春も新たに伸びたツルだったが、期待は全くしてなかったのでびっくり!きしくも今日は「時の記念日」。神様が、合わせてくれたのかな

2007/06/25

どでかいアザミ?!

 6月のはじめ頃、ウォーキングでいつものコースを少し延長して歩いてみた。すると、見たことのない珍しい植物に遭遇した。

Namae_003 高さ2mはあろうと思われる。幹か茎かわからないがけっこう太い。葉も大きく一番下の長さは1m以上はある。ギザギザした葉にトゲトゲした蕾?花?それはまるでアザミを10倍位大きくしたような植物だった。人が植えたようで10メートル以上連立して生えていた。

「一体何?これは蕾らしいけど、どんな花が咲くんだろう?」植物名は気になるがその花が咲くのを見届けてからネットで調べようとその日は帰路についた。

それから2週間してその場を訪れてみたが、以前と変わらない蕾。蕾を触ってみたら固くて先のトゲも指先に固く痛い。これは蕾でなくすでに花なのかもしれない。What_name_2

まだあきらめきれずにさらに1週間後(6/23)、再度そこを訪れた。花かも?と思ったのは やはり蕾で正解。その蕾の2~3から紫の花が咲いていた。その姿は初めの印象どおり「アザミ」そっくり。でもこんな大きなアザミは聞いたことがない。そこでこの花の写真を撮って家につくと早々に、私がよく利用させていただく花の名を教えてくださるサイト「ジョイフルノート」へ写真を添付して問い合わせた。

本日(6/24)、PCを開き早速「ジョイフルノート」へ。予想よりはるかに早く回答が返されていた。そして、その植物の名が判明!!

アーティチョーク」。 なんだ、その名は幾度か聞いたことがあるが田舎者の私にはそれがどんな形をしているものかさえ知らなかった。ましてや食用の植物がこんなに大きいものだなんて絶対に想像できない。

Kanban_6 でも、この答えを聞いて納得できる部分がある。「アーティチョーク」で検索して、どんな料理に使うかと調べてみた。ウィキペディアによると別名「ちょうせんあざみ」。やっぱりアザミの一種だった。フランス料理やイタリア料理でよく使用されるとその他のサイトでも書かれている。実はこの近くに<Chef's Garden Farm>と書かれている看板があった。素敵に手作りされているので関係があるとは想像もせず偶然写真に収めていたのだ。その下にたくさんのイタリア料理やフランス料理ののレストランの名が載っている。それらのレストランにルッコラやその他の野菜をおろす契約をしている農家らしいのだ。それなら、そのレストランに下ろすアーティチョークでもあるのだろう。

因みにこの植物のどこを食するのかご存知?若い蕾を茹でるか蒸すかして食べるようだ。でんぷん質が多く、食感はいもに似ているそうだ。この植物を知ったからにはいつかアーティチョークを食べてみたい。

この写真を見てすぐに「アーティチョーク」だとわかった方は相当な料理通ですね、尊敬してしまいます(^^)/!

2007/06/19

バラ賛歌

昨年の春辺りから夫も草花に興味を持ち始めガーデニングを始めた。夫と共に近くのホームセンターで苗や種を購入した際、バラも咲かせてみたいものだとバラを絡ませるアーチを購入した。バラの木を育てて自宅をバラ園のようにしている方をTVや新聞Arch等で見たことがありちょっと憧れのバラなのだ。その日、苗木はバラ園でも訪れた際買おうと購入しなかった。ところがその年は手が廻らなくバラを手に入れることは無いままだった。そして、今年こそはと思っていながら何やかやでとうとう6月を迎えてしまい、購入しようとしたらもう花のピークはとっくに過ぎてしまった。たまたま他の苗を購入する際、だいぶ値引きされているツルバラが鉢ごと売られているのが目に入った。そのバラも花は終わっていた。値段は魅力 だし、来年を楽しみに待てば良いかとその場で購入した。凝り性の夫はバラ専用の土と肥料を買うことを提案した。家に戻ると早速しまいこんでいたアーチを組立てた。予想より 大きいものだった。一番下の段まで庭に植えRose込み、苗木も鉢から庭に植えかえしたらそれらしくなって、私の頭の中は、アーチを埋め尽くすバラの木と満開に咲く花がすでに描かれていた(笑)。今からそのときが楽しみだ。無事に育って欲しいと願う。

(6/19追記)今朝、庭のそのバラとアーチを写真に撮ろうとしたら、なんとバラが一輪咲いていた。うれしい!色はちょっと物足りない薄いピンク。(見本の写真よりだいぶ薄い感じだが・・・)何とか根付いて成長を祈りたいものだ。

6/17日曜日の朝、付けっ放しにしたNHKのTVで「小さな旅」(たぶん関東甲信越だけの放送)が始まった。時々しか見ないのだが、タイトルが「東京バラ賛歌」と出て、この日は是非見たいと朝食の後片付けもそこそこに食い入って見てしまった。

続きを読む "バラ賛歌" »

2006/11/29

晩秋に咲く花たち

晩秋と言っても、10日ほど前の写真ですf(^^;)poripori

Kiku_2 Kiku

Bansyuu_no_himawari

最後の1枚は、夏の間だけヒマワリロードにする畑の地主さんが、枯れたヒマワリを堆肥の上に捨てていて、落ちた種からまた芽が出て育ち、次々と咲き出している写真。

今朝(11/29)のウォーキングでもいまだに咲いているのを見ましたよ!生命力の強さに今年も感動!

2006/08/30

庭の花~ゆく夏~

庭の朝顔を見てからウォーキングに出かけると申しました。前述の「伝統の朝顔」に比較にはなりませんが、我が家の庭の花を撮ってみました。どれももう終わりかけていて夏も終わりだなぁと感じます。

Kaidansoba Kabegiwa Inpachens Sibori Daria Fens4 Matubagiku Fens1 Fens2

秋の庭作りをしなければ・・・我が家はのんびり。遅れを取っています。

2006/08/26

「伝統の朝顔」展~くらしの植物苑~

お盆も過ぎ、高校野球(熱闘!甲子園)大会も終了。心なしか朝夕の風も涼しくなりまして、行く夏を感じるこの頃です。子どもみたいに、一抹の寂しささえ感じるのはなぜだろう!

Kanban_3 我が家も春先からガーデニングにちょっと凝りだして夏の花を植えました。ホウセンカ、ダリヤ、早咲きコスモス、ひまわり。しかし、もう盛りを過ぎ終わったものもある中、唯一早朝に咲き続けているのが「朝顔」。早朝ウォーキングに出る際、この朝顔を鑑賞してから出かけるのが日課となってます、最近。

その関連で、佐倉にある国立歴史民俗博物館の別館?になる「くらしの植物苑」で「伝統の朝顔」展が開催されていると知って出かけてみました。

続きを読む "「伝統の朝顔」展~くらしの植物苑~" »

2006/06/21

6月のウォーキングコースB

梅雨の期間、少々の雨なら傘をさしても行う日課のウォーキングですが、雨が降り風がある時は中止。たまにはゆっくり眠れてよいけど、日課をこなさないとなんだか落ち着かない。ある日の夕方、雨もあがりBコースをデジカメ片手に歩いてみた。

ウォーキングをしてからと言うもの、車で通り過ぎては気が付かない「四季の移り変わり」をすごく感じるようになり、特に植物に目がいくようになってます。これはとても大きな収穫だと感じてます。今日は道すがらの植物を撮ってきました。

Hrugyouon もうそろそろ終わりの「ハルジョウオン」の群生。

Mugi ハルジョウオンの反対側に麦畑

Satoyama 「里山」って感じの風景

続いて幹線道路脇をしばらく歩きます。

Biwa びわがなってました。房州びわは有名ですよね。でも、高くてなかなか買えない(><;)!<今朝の新聞(北総版)にびわの産地(館山市、南房総市)で皇室に献上する「房州枇杷選果会」が開かれたと載っていました。新聞の写真に載った琵琶は大粒で形もよくおいしそう。第93回と有りましたから、ずいぶん続いている伝統の会なのですね>Kuri

続いて栗の木。長い細いのが花に当たるのかな?その後、秋には緑のいがぐりになるの でしょう。並んで、イチジクの木もありましたが、実がついていなようで残念でした。

今度はその道路を渡り、畑方面へ。

続きを読む "6月のウォーキングコースB" »

2006/05/16

珍しい木

今朝の新聞に今年のサラリーマン川柳大賞が発表されてました。数ヶ月前にノミネート作品が発表されてましたが、なんと私の頭に残っていた一編が大賞をとっていました。これは言い得ているし、流行語も取り入れ、かつ韻も踏んでいてなかなかの傑作だと思います。

昼食は 妻がセレブで 俺セルフ」  絶妙ですね!話がすっかり外れてました・・・

この間、NHKのニュースを見ていたら中継で確か群馬?の植物園から珍しい木の花が見頃だと伝えてました。「へ~、こんな木があるんだ~」と感心している最中に、ハッと記憶がよみがえってきたのです。それは昨年のいつごろか定かでないけど、次男の通う中学校近くを通った時、その脇に立っている数本の木から白い葉だけがハラハラと落ちていくのを見たのです。大部分は緑の葉で覆われているのに白い葉の部分もありその白い葉だけが・・・なぜ?とっても不思議に思ったんですが、今日の今日までその木の事はすっかり忘れてました。

続きを読む "珍しい木" »

2006/05/15

不気味な草

しつこいですが、私は昨年の4月からウォーキングを始めました。当初は健康のため[少しはダイエットのためf(^^)]、音楽鑑賞の時間と思っていたのが、歩いていると目に入ってくる自然に触れ、それがきっかけで特に植物に興味が出てきました。ウォーキングのコースはAコース、Bコースの二つがあります。Bコースは一部うっそうとした木々の下を通る日陰の道。今年の4月に「あっ、なんか、気持ち悪~い!この草去年も見たな!」って言う草に遭遇。そうだ、忘れていたけど去年も見かけて不気味だなと思いながらこの草の事を調べ忘れていたのです。いつの間にか季節は巡り、またその草の生える時期になったんですね、それはこんな草。Urasimasou

続きを読む "不気味な草" »